B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

住まいの「困った」を リフォームのプロが解消
リフォーム設計滋賀一級建築士事務所 代表 池戸宏行

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 濱中治(野球解説者)
濱中 滋賀県東近江市でリフォーム設計滋賀一級建築士事務所を営む池戸代表は、一級建築士として経験を積んで来られたと聞いています。
 
池戸 はい。もともとは、高校3年生の時に宮崎駿監督の『紅の豚』の中で徹夜で戦闘艇の図面を描くシーンを観て、人のためにそんな風に充実した時間を費やせる設計という仕事に憧れて、ゼロから自由にものづくりができる建築を志し、大学に進学しました。建設関係の会社に勤務しながら二級建築士の資格を取得。その後リフォーム店で一級建築士を取得しさまざまな現場経験も経て、業界歴は20年ほどになります。
 
濱中 資格も取得され、順調にキャリアを積まれてきた中で、独立に踏み切られた経緯も気になります。
 
池戸 私は建築のプロであると同時に、セレクトショップのような存在でありたいと考えているんですよ。例えば、元請として工事すべてを請け負うことはもちろん、設計事務所として図面だけの提供もでき、腕のいい職人さんのご紹介もできれば、お客様のお知り合いの職人さんと協力することも可能です。材料もご希望のメーカーの素材を仕入れることができますし、進行の管理や細かい調整のお手伝いもできます。このように住まいのお困りごとにワンストップで対応できるリフォームプランを提供するには、元請けである勤務先では難しい面がありました。
 
濱中 より細かく丁寧な提案ができるスタイルを選ばれた結果が、独立という選択肢だったのですね。
 
glay-s1top.jpg
池戸 結果として、さまざまな業務を私自身手がけることでコストをカットでき、大手のリフォーム会社さんよりリーズナブルにお引き受けできるのも強みですね。地元である滋賀県の気候も知り尽くしているので、地域に適した設計、施工のご提案をさせていただきます。
 
濱中 素晴らしいです。私も実家をリフォームした際、新築同様の仕上がりに驚きました。新築よりも制限の多いリフォームは、建築士である池戸代表や職人さんのものづくりの技術が際立つでしょうね。
 
池戸 そうですね。リフォーム業界は価格破壊が進んでいるものの、ただ安いだけではお客様にご満足いただけません。私は、地元の職人さんに信頼してもらってこそ、いいものづくりができ、お客様にも納得していただけると考えています。今後もプロとしての知識とネットワークを武器に、お客様と職人さんの架け橋となり、自由なアイデアで皆様に喜んでいだだける住まいの提案をしていきたいですね。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
誰かを思いながら仕事をすること。もともとの家の間取りや構造、ライフスタイル、ご要望など制約がある中で、お客様に喜んでもらえるプランをお客様の喜んだ顔を思い浮かべながら考えるのは、プレゼントを考えるみたいでとても楽しいですね。
(池戸宏行)
 

:: 事業所情報 ::

リフォーム設計滋賀一級建築士事務所

〒529-1501 滋賀県東近江市石塔町56

ホームページ
https://rsshiga.com

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事