B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

コロナ禍でのイベントに トラックビジョンが活躍
株式会社T&T 代表取締役 吉岡仁一

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 各種イベントで大活躍するLEDビジョンを搭載したトラック。株式会社T&Tさんでは、そのレンタルを手がけておられるそうですね。吉岡社長は、どのような経緯で現在の事業に携わるようになったのでしょう。
 
吉岡 イベント会社に勤務していた頃に弊社の創業社長と知り合い、仕事をお手伝いしていたんですよ。その先代が「引退する」というので、2018年に弊社の経営を引き継ぐこととなりました。現在は220インチと250インチの「全天候型フルカラーLEDトラックビジョン」のレンタルを中心に事業を展開しています。
 
タージン 220インチ、250インチというと、かなり大きなLEDビジョンですよね。どんなシーンでの利用が多いのですか?
 
吉岡 足場を組む必要がなく、会場に乗りつけてすぐに使えるのがトラックビジョンの一番の利点とあって、スポーツイベントの中継や防災訓練、卒業式をはじめとした学校行事など、ご予算に限りがある中小規模のイベントでご利用いただくことが多いですね。
 
glay-s1top.jpg
 
タージン 思った以上に、さまざまなニーズに応えておられるのですね。
 
吉岡 しかも、トラックは私一人で運転して会場に運び、セッティングも30分ほどで終わらせることができますよ。また、大阪以外に関東にもスタッフがいますし、車両は2tロングトラックなので、交通規制に関係なく全国どこへでも出張可能です。さらに、LEDビジョンは防水タイプですから、天候に関係なく鮮明な画像を映し出すことができるんです。
 
タージン コストが安くて機動性が高く、しかも美しい株式会社T&Tさんのトラックビジョンは、まさにイベントを盛り上げるために欠かせない設備ですね! ちなみに、会場での操作についても吉岡社長にお任せできるのでしょうか?
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事