B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

確かな技術と経験が強み 板金加工品を企画・製造
株式会社アルファアライアンス 代表取締役 影山博一

 
プロフィール 大阪府出身。大阪情報コンピュータ専門学校を卒業後、数社で経験を積んだ後、リンテックグループのリンテックサインシステム(株)に入社。サインディスプレー表示素材のLED化において企画開発から営業支援、施工まで幅広く携わる。培ったスキルや人脈を生かして2019年に(株)アルファアライアンスを立ち上げた。板金加工の工作図・展開図のCADデータ製作をはじめ、金加工製品の企画・製造・販売まで意欲的なチャレンジを続けている。【ホームページ
 
 
 
板金加工の工作図・展開図のCADデータ製作などを手がける株式会社アルファアライアンス。新しいアイデアを企画化するほか、製造、販売まですべてに対応し、顧客のニーズに応えるスタンスを貫く。影山博一代表取締役はサインディスプレー業界でLED電飾の普及を牽引しつつ、常に「ゼロから創造するものづくり」にこだわってきた。CADデータ製作や業務用インクジェットプリンターを導入した影山社長のものづくりの原点や新たな挑戦について話を聞いた。
 
 
 

加工工作図・展開図のCADデータ製作

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 大阪府茨木市を拠点に板金加工の工作図・展開図のCADデータ製作など、企画から製造、販売まで一手に担っているそうですね。工作図・展開図のCADデータ製作というのは、具体的にはどういう作業なんですか?
 
影山 金属製品はもともと、平たい板の金属を何回も曲げて立体化して完成させます。適当に曲げればいいわけではなく、つくる前に正確な図面、設計図が必要なんです。小学生の時、サイコロの展開図をつくりませんでしたか? もう少し複雑ですけど、簡単にいうと、あれと同じようなものを製作しているんですよ。
 
タージン サイコロを構成している面を折り曲げて、立体的にしていく展開図ですね。ただ、紙と違って金属は素材によって厚みもあるし、そんな簡単にはいかないですよね。
 
影山 そうなんです。金属は紙とは異なり厚みがあるから、曲げた時に外側が伸び、内側が縮んでしまいます。そういった細かい伸びも含めてきちんと計算していく必要がありますから、紙の展開図よりも複雑になります。
 
タージン 確かに紙と違って、きっちりパッキリ折れるわけではありません。緻密な計算が必要になるのも当然ですね。
 
影山 そういった細かい作業は昔、手仕事でした。でも現在はコンピュータを用いた3D CADも普及してきて、便利になりましたね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事