B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

多用途のポータブル電源 キャンプや災害時に活躍
株式会社マテラス 代表取締役 田中豊

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 濱中治(野球解説者)
濱中 大阪市北区でポータブル電源や電動工具の製造と販売を手がけている株式会社マテラスさん。今年2020年1月に設立された新しい会社だそうですね。こちらが御社のブランドである「MATERAS(マテラス)」のポータブル電源なんですか?
 
田中 はい、この商品は「MATERAS M500」といいまして、500Wまでの電気機器を動かせる発電能力があります。あらかじめ電気を蓄えておけばバッテリーとしても使えて、例えばスマートフォンなら約39回分、ノートパソコンなら約9時間分の充電が可能です。
 
濱中 39回も充電可能とはすごいですね! 主にどんなシーンで活用できるんでしょう?
 
田中 M500を重宝しそうな場面の一つは、キャンプなどのアウトドアシーンですね。夏でしたら扇風機、冬なら電気毛布なども使用できます。1合炊きの炊飯器も問題なく使えますよ。家の中ですと、最近は自宅でテレワークをする方も増えていると思います。そのため、パソコンやその他の機器を同時に動かす必要もあると思うので、そんな時は家庭用のAC電源からM500に充電しながら、4つある出力ポートにそれぞれの機器をつないで使うと便利だと思います。
 
濱中 最近はキャンプが流行していますし、どこへ行くにも電気製品は欠かせないですから、使い道はいくらでもあるでしょうね。自宅の電源以外で、充電の方法はあるんですか?
 
glay-s1top.jpg
田中 自動車のシガーソケットからも電気を取れます。キャンプ道具一式をかついで出かけるスタイル以外に、最近はキャンピングカーで移動する人たちも多いですから、車を電源にできるのは便利だと思いますよ。他にも、ソーラーパネルから充電する方法もあります。これなら近くに電源が何もなくても、野外にパネルを置いて充電していれば、ずっと電気を使い続けることが可能です。
 
濱中 使い勝手がいいから重宝しそうだなぁ。それに、重厚な見た目に反して、持ってみると案外軽いです。デザインも秘密道具みたいでカッコいいし、一家に1台欲しいですね。
 
田中 ありがとうございます。アウトドアブームでポータブル電源の需要は年々高まっていて、各社からさまざまな製品が出回っていますから、性能と共にデザイン性もアピールしたいところです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事