B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

二人三脚で改善を目指す 安心と信頼の鍼灸整骨院
飼馬鍼灸院接骨院 院長 飼馬昌史

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球評論家)
狩野 大阪市鶴見区の飼馬鍼灸院接骨院さん。飼馬院長は、もともとスポーツをなさっていたことから現在のお仕事を目指されたとか。
 
飼馬 はい。子どもの頃からサッカーを続けていて、怪我の多発が原因で、高校時代に接骨院で施術を受けたことがありました。その時、痛みが非常に楽になったので、自分も柔道整復師・鍼灸師を目指したいと思ったんです。
 
狩野 プロの選手を目指すのではなく、体をケアする側に身を置こうと思われたのですね。その後、どのような道を歩まれたのでしょう。
 
飼馬 専門学校を経て、接骨院で5年間、整形外科で3年間経験を積みました。30歳までに自分の院を持とうと決め、誕生日前の2020年6月に開業したのです。
 
狩野 計画通りとは素晴らしい! 満を持して開院なさって、いかがでしょう。
 
飼馬 不調に悩む方に寄り添い、常に二人三脚で、身体を改善していくことを考え施術に当たっています。まず、お身体の現状をご説明し、どのような処置が最適で、控えてほしいこと、ご自分でしてほしいことは何かを伝え、納得していただいたうえで施術をしていますね。やはり信頼関係がなければ改善は難しいですから。
 
狩野 少し良くなると油断して、禁じられていた動作をしてしまう人は多いはず。飼馬院長との約束を守らなければ、いくら施術をしても改善しませんよね。ちなみに、施術はどのようなものがありますか?
 
glay-s1top.jpg
飼馬 施術は手技療法と鍼灸と吸玉(カッピング)等があります。問診や視診、触診で皮膚や筋肉、関節の状態を確かめて、鍼や灸、カッピング以外にも、その現症に合ったさまざまな施術法を提案することもありますね。もちろん、ご本人からご希望があれば、可能な限りそれに沿った形で行うこともありますよ。
 
狩野 本人の希望と状態を見て施術法を決めるのですね。声に耳を傾けてもらえば、安心感も信頼感も増しますね。
 
飼馬 ありがとうございます。まさに、誰からも信頼される院を目標にしているんですよ。例えて言えば、ドラマでも人気を博した『Dr.コトー診療所』のイメージでしょうか(笑)。
 
狩野 なるほど、地域の憩いの場ですね。実際、私も鍼灸に助けられた一人で、施術後は免疫が向上して体調が良好になったと感じました。鍼灸にはそういった力があると知ってもらいたいので、不調を感じたら、病院に行く前に足を運んでみてほしいですね。これからも、不調に悩む人々の支えになってあげてください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
思い立ったら即行動することですね。マンネリになると思うように楽しめないので、常に前に進んでいきたいと思っています。
(飼馬昌史)
 

:: 事業所情報 ::

飼馬鍼灸院接骨院

〒538-0052 大阪府大阪市鶴見区横堤3-8-16 鶴見パールハイツ1F

ホームページ
https://bonesetting-house-11739.business.site

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事