B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

特装車の整備を担う! 創業100年の老舗企業
株式会社城谷自動車工作所 代表取締役 城谷元喜

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球解説者)
狩野 京都市で自動車整備を手がける、株式会社城谷自動車工作所さん。建設現場や工場などで使われる特装車の点検・修理に強みをお持ちだそうですね。御社はかなりの老舗だとうかがっています。
 
城谷 弊社は1922年に私の曾祖父が設立し、1962年に法人化した自動車整備会社です。私はもともと自動車好きではあったものの、学生時代にはテニスに熱中しており、ゆくゆくはインストラクターになりたいと思っていました。しかし、家業を継がざるを得ず断念し、大学卒業後は修業のため大型トラックやバスなどを製造する大手自動車メーカーで勤務したんです。その後、弊社に就職し、2012年に4代目の代表取締役に就任しました。
 
狩野 設立から約100年とはすごいですね! 「工作所」という名称もなんだか歴史の長さを感じさせてくれる気がします。
 
城谷 曾祖父が事業を立ち上げた当初は、蒸気機関車の部品製造や修理などを手がけていたそうです。やがて、自動車の時代が到来し、弊社の事業も特装車の修理や整備に移り変わっていきました。工作所という社名は昔の名残で、古臭くて言いにくいので変えようと思ったこともあるんですよ(笑)。しかし、やはり伝統は残したほうが良いと思いそのままにしています。
 
glay-s1top.jpg
狩野 とても価値のある社名ですから、ぜひとも変えずにこのまま名乗り続けていただきたいですね。ところで、特装車というのは工事作業用のクレーン車や高所作業車など、車両に装置が付いた車ですよね。そのような車の整備はどこの工場でもできるというわけではないんですか?
 
城谷 そうなんです。工事現場や特殊な作業などで人の命を預かる特装車は、点検・修理をするためにはメーカー指定の工場でなければできません。また、特装車には法律で月例点検や年に一度の特定自主検査などが義務付けられており、これを引き受けられる工場は、認定を取得しなければなりません。また、弊社は持ち込みだけでなく、道路工事などの現場に出張しての修理、点検にも対応しています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事