B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

手技と機械で痛みを解消 福島区の頼れる接骨院!
なかや接骨院 代表 仲谷信一

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 濱中治(野球解説者)
濱中 大阪府大阪市福島区のなかや接骨院さんにお邪魔しています。さっそく、仲谷代表が柔道整復師になり開業するまでの歩みを教えていただけますか。
 
仲谷 もともと私はボクシングに熱中していまして。しかし、高校時代に坐骨神経痛で大きな痛みと絶望感を味わいました。その後は会社員になったものの、腰の痛みが限界に達し藁にもすがる思いで接骨院に通うことにしたんです。すると、それまでの痛みが嘘のように取れ、体が楽になったんですよ。この出来事をきっかけに23歳で医療の道に入りました。柔道整復師の資格を取り接骨院に勤めた後、より多くの方を施術するため、整形外科病院のリハビリスタッフに転身したんです。
 
濱中 仲谷代表は、ご自身が痛みで苦しんだ経験をお持ちなんですね。患者さんにとっては、同じ気持ちを共有してもらえて安心感があると思いますよ。その後のご経歴は?
 
仲谷 13年間の病院勤務で培った知識と技術を生かし、患者様の喜びの声をもっとたくさんお聞きしたいと思いました。そこで、今年2020年6月に独立し当院を開業しまして。腰痛やぎっくり腰、頭痛、肩こり、四十肩、神経痛、関節症など、さまざまな怪我や症状の改善に取り組んでいます。中でも、自分自身が苦しみ抜いた腰痛の解消には力を入れているところです。やはり、立つのもつらいと訴える患者様をなんとしてでも救いたいですからね。
 
glay-s1top.jpg
濱中 患者さんの年齢層や性別などはいかがでしょうか。
 
仲谷 このエリアの特徴でしょうか、患者様の年齢は20代から80代まで幅広いですね。また、当院は産後ケアも手がけているので女性の患者さんも多くいらっしゃいます。近隣の病院の先生も「施術してほしい」とお見えになることがあるんですよ(笑)。
 
濱中 お医者さんからも頼りにされているんですね! ところで、なかや接骨院さんには、ほかの接骨院では見かけない機械がたくさん並んでいますね。この光景には驚きましたよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事