B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

孤独に苦しむ人たちを 電話と訪問でサポート
一般社団法人がんばり屋さん 代表理事 堀川喜之

 
プロフィール 大阪府出身。オーストラリアでダイビングを学び、プロライセンスを取得。帰国しダイビングショップに勤めた後、独立し店を開いた。4年ほど経った後に、支店を出して経営拡大を図るも、挫折を経験する。周囲の人間の裏切りもあり、自宅に引きこもるように。精神科クリニックの杓子定規な対応に疑問を持ったことや、人とのつながりでうつ病を克服した経験から、(一社)がんばり屋さんを設立した。【ホームページ
 
 
 
孤独やさみしさに悩んでいる人を救うため、電話と訪問の両面から支援するサービス。このユニークな事業を立ち上げたのが、一般社団法人がんばり屋さんの代表理事・堀川喜之氏だ。自らうつで苦しんだ経験を持つ堀川代表は、話を聞いてもらうことや会話をすることの大切さを、身をもって知ったと語る。怪我で絶望の淵に追い込まれた経験もある野球解説者の濱中治さんと共に、欠かすことができない人とのつながりを話し合った。
 
 
 

電話と訪問を組み合わせた支援サービス

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 濱中治(野球解説者)
濱中 大阪府堺市に拠点を置く、一般社団法人がんばり屋さんというユニークな名称の団体にお邪魔しています。電話によるお話サービス、訪問によるお話サービス、また連絡が取れない方へ訪問による安否確認を行っておられるとお聞きしました。名称がユニークなら事業もユニークですね。いったい、どのような内容なのでしょう。
 
堀川 私たちは孤独で悩んでいる方、さみしさを感じている方、離れて暮らすご家族の安否を確認したい方に向けた支援サービスを手がけているんですよ。電話だけ、訪問だけというわけでなく両方を組み合わせたところが特徴で、基本プランは週に2回10分間ずつのお電話と週に1回30分の訪問サービスを組み合わせました。もし、ご本人と電話がつながらない場合はただちに駆け付ける緊急対応も含め、月額9800円とリーズナブルな価格でこのサービスをご提供しています。
 
濱中 内容も料金も画期的ですね。堀川代表が、どのような経緯で今回の事業を始めることになったのか興味が膨らんできました。ぜひ、詳しいご経歴をお聞かせください。
 
堀川 実は、私自身にうつ病の経験があるんですよ。もともと私はオーストラリアでダイビングを学びプロのライセンスを取得していまして。帰国後、ダイビングショップに勤めたほか、自ら店舗をオープンし充実した日々を送っていました。ところが、4年ほど経って支店を出した頃から人生が暗転したんです。思ったようにお客様が集まらず、家族や仲良くしていた親友に裏切られ詐欺にも遭ってしまいました。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事