B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

製薬会社等の中国進出を 豊富な人脈でサポート!
G&P-Japan合同会社 合同代表 北川美和

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 鎮西寿々歌(タレント)
鎮西 医薬品開発受託や薬事コンサルティングなどを手がけるG&P-Japan(ジーアンドピージャパン)合同会社さん。さっそく、北川さんの歩みからお聞かせください。
 
北川 大学卒業後に大手製薬会社に就職し、営業と開発の部署で7年ほど勤務しました。私は子どもの頃に中国に住んでいたこともあり、次第に医療を通じて日中の架け橋になりたいという思いが膨らんでいったんです。そこで将来の独立を見据え、医療関係で中国系オーナーが経営する商社に転職し中国ビジネスの下積みをしてきました。また、ビジネススクールに通って経営を学んだり、北京大学にMBA留学したりして、本事業を展開するうえで欠かせない中国現地での協力体制を整えてきたんです。そして、2019年9月に弊社を設立しました。
 
鎮西 医療を通じて国際的に貢献したいというお考えは素敵ですね。具体的にはどのような事業内容なのでしょうか?
 
北川 弊社は、日本の優れた医薬品を世界有数の巨大市場である中国でスムーズに販売するためのトータルサポートを手がけています。具体的な業務としては、現地における許認可申請業務や、臨床研究開発の受託、市場調査などですね。また、中国のビジネスは現地の言葉で「関係(クアンシー)」で成り立っていると言われるほど、人脈が重要なんです。これがないために中国に進出できないという日本企業は少なくありません。私は中国で育ち、製薬業界でも経験を積んできたので、現地の方々と強力なパイプを持っていることが何よりの強みだと自負しています。
 
鎮西 確かに、まったくのゼロから強固な人間関係を築くのはなかなか難しいですよね。でも、豊富な人脈を持つ北川さんにサポートしていただければ心強いですよ。
 
glay-s1top.jpg
北川 ありがとうございます。私たちは、中国とのビジネスに不安を感じる日本の企業に安心していただけるよう、寄り添ったサービスをご提供しています。そして、信頼性の高い日本の医薬品を世界に広め、医療水準の標準化を進めることを目的としているんです。そのために、今後は新薬の開発に必要な投資を中国から呼び込むためのお手伝いなど、ますます多彩な分野で日本の製薬会社を支援するつもりです。ぜひ、期待していただきたいですね!
 
鎮西 日本の優れた医薬品を世界中に届けるお仕事は社会貢献にもつながりますよね! 北川さんとG&P-Japan合同会社さんのご活躍を私も応援しています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
「自己価値の実現」ですね。これはずっと父に言われ続けてきた言葉です。自身が経験してきたことを通して自分にしかできない仕事で社会貢献をする。それが一番のやりがいであり、楽しみですね。
(北川美和)
 

:: 企業情報 ::

G&P-Japan合同会社

〒103-0027 東京都中央区日本橋3-6-2 日本橋フロント1F

ホームページ
https://www.gandpjapan.com
https://www.gp-japan.org

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事