B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

顧客の感動と笑顔のため 理想の住まいを提供する
株式会社IDEAh 代表取締役 新田昌三

 
プロフィール 大阪府和泉市出身。学業終了後、大手家電メーカーに就職する。やがて営業職を志し、金融商品を扱う企業に転職した。その後、祖父の代から60年続いていた家業であるベビー服製造会社に3代目として入るも、繊維業界の不振もあり同社が廃業となったことで不動産会社に就職。マンションの販売を担当して実績を積んだのち、次いで戸建住宅販売を手がける会社に転職する。さらなる実績を積むとともに不動産業と建物建築のノウハウを学び、2019年11月に(株)IDEAhを設立した。
 
 
 
大阪市を拠点に、関西一円で不動産業を営む株式会社IDEAh(アイデア)。代表取締役の新田昌三氏は、念願の住まいを手に入れた顧客の笑顔を見ることに喜びを感じ、戸建住宅の販売を天職と思うようになったという。また、販売だけでなく、より顧客が理想とする住まいを実現するためにと建築工事にも対応している。販売と建築という異なる2つの分野を同時に手がける新田社長。そこには“家”を知り尽くした者ならではの思いがあった。
 
 
 

関西一円で不動産販売と建築工事を展開

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 八木裕(野球解説者)
八木 大阪市西区に拠点に株式会社IDEAhさんにお邪魔しています。さっそく、会社の事業内容を詳しく教えていただけますか。
 
新田 弊社は戸建住宅の販売を主とする不動産業と同時に、戸建の建築工事も行っています。さらに、不動産販売の代理業務も手がけていて、関西一円をエリアに地域密着型でお引き受けしておりますよ。
 
八木 不動産の販売だけでなく建築工事まで行うとは、住まいに関して幅広い分野で携わっていらっしゃるんですね。ところでIDEAhという社名の由来はなんでしょう。特に、最後にくる小文字の「h」が気になって仕方ありません(笑)。
 
新田 もともと、私は土地を仕入れて売るだけといった不動産の仕事ではなく、住まいに関するさまざまな仕事をしたいと思って起業したんです。そこで、理想や理念という意味を持つ「IDEA」に、家を表す「HOUSE」や「HOME」の頭文字である「h」を付けました。小文字の頭文字だけにしたのは、「IDEA HOUSE」や「IDEA HOME」という社名だと平凡で目立たないと考えたからなんですよ(笑)。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事