B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

リフォーム&リサイクル 閉店作業の総合サービス
株式会社R2/閉店屋 代表取締役 倉田亮

 
プロフィール 大阪府出身。高校時代は野球部に所属し、甲子園での全国大会にも出場する。引っ越し作業員などの職業を経て、太陽光発電に関する工事や内装リフォームを行う会社に転職。リフォーム全般とリサイクルに関連する幅広いノウハウを得た。2020年に商業店舗の閉店に伴う不用品買い取りや処分、原状回復工事などを一括して行う(株)R2を設立。閉店屋の名称で大阪府・兵庫県・奈良県を中心にサービスを展開している。【ホームページ
 
 
 
閉店を余儀なくされた店舗で、不用となった機器の買い取りや備品の処分、さらには退去に必要な原状回復工事などもトータルに引き受けてくれる閉店屋を運営する株式会社R2(アールツー)。代表取締役の倉田亮氏はリフォームとリサイクルの分野で豊富な経験を持つほか、多彩な協力業者にいつでも出動を要請できる、閉店作業のプロフェッショナルだ。頼まれた仕事は断らないという倉田社長に、取り組みへの思いをうかがった。
 
 
 

不用品買い取りから原状回復工事まで一括で

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 畑山隆則(元ボクシング世界王者)
畑山 大阪市平野区の株式会社R2さんでは、閉店が決まったお店の不用品の買い取りや処分から原状回復工事まで一貫したサービスを提供する、その名も「閉店屋」を運営されているそうですね。まだ法人設立から間まもないとうかがいました。
 
倉田 はい。今年2020年3月にスタートを切ったばかりです。ちなみに社名は、リフォームとリサイクルの頭文字である二つの“R”に、令和2年の意味も込めて“R2”と名付けました。頭に浮かんだ瞬間、とても良い名前だと思いましたよ(笑)。
 
畑山 なるほど、社名にはそんな意味が込められていたんですか! 運営する店舗の屋号もすごくインパクトありますよね。
 
倉田 お客様は何か頼み事がある時、餅は餅屋と思って専門家を探すものです。一目見てどんな仕事をしているのか、すぐにわかる名前が良いと考えていました。それで、閉店に関わる仕事なら、やっぱり“閉店屋”にしようと決めていたんです。
 
畑山 一度聞いたら忘れないでしょうからね。そんな閉店屋さんの詳しい業務内容についてじっくりとうかがっていきたいと思います。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事