B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

就活と終活の両面から 幸せな人生をサポート
桜縁株式会社 代表取締役 渡邊和則

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 石黒彩 (タレント)
石黒 埼玉県越谷市で人材紹介・転職支援事業と終活コンサルティング事業を手がける桜縁株式会社さん。とてもユニークな業務の組み合わせですね。渡邊社長は、どのような道のりを経て独立されたのでしょう。
 
渡邊 もともと私は、1級葬祭ディレクターとして葬儀会社に10年ほど勤務しまして。その後、介護業界専門の人材派遣会社に転職し5年間の経験を積みました。独立し弊社を立ち上げたのは2019年10月です。社名は「おうえん」と読みます。大勢の方と「縁」を結びたいという気持ちを込め、「応援」という言葉ともかけているんですよ。
 
石黒 転職支援と終活では分野が異なるように思いました。でも、私の想像していない部分で、共通する課題や問題があるのでしょうね。
 
渡邊 おっしゃるとおりです。この二つの業界で私が感じたのは、共にワンストップで相談できる窓口がないということ。まず就職や転職については、ハローワーク、人材紹介会社、求人サイトなどさまざまな情報があり一元化されていません。それぞれに異なる求人の仕組みを知らないため、損をしている求職者や企業が多いんです。
 
石黒 確かに、言われてみるとそうですね。一方の終活は?
 
glay-s1top.jpg
渡邊 こちらも介護、葬儀、お墓、相続など窓口がバラバラですし、どこかに相談しても「良い会社を紹介します」と言われるだけで終わることも多いです。また、適正価格も曖昧で、情報が一元化されていないため不便なことばかりだと感じています。そこで弊社は、各々の分野でお客様にトータルサポートをご提供しているんですよ。このサービスを弊社は「ダブルシュウカツ」と名付け展開しているところです。
 
石黒 就活も終活も、人生の大きなターニングポイントです。情報をまとめわかりやすくサポートしてくださると助かりますよ。渡邊社長は、特にどのような方を支援したいとお考えなのでしょう。
 
渡邊 最近は、仕事がなく住むところもないという方が増えています。どうしようもないところまで追い込まれているのに、行政が受け皿として機能せずたらい回しになっているケースも多いんですよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事