B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

家具中心のリサイクル店 
遺品・生前整理も即対応

 
 
glay-s1top.jpg
橋本 そうですね。中古品とわかっていても、前の持ち主の使っていた痕跡がそのままだと、良い印象を受けないお客様もおられますので、使用感はなるべく消すようにしています。
 
タージン いかにも使い古しという部分をなくすことで、アンティークとしての良さが光る一品に仕上がるわけですね。まさにプロの仕事という感じがします。元の持ち主から、品物の思い出話を聞くこともあるのでは?
 
橋本 ええ、やはり何十年も大切に使ってきた家具などには、それぞれに物語がありますね。本来であれば、商品自体の価値を測って値段をつけます。しかし、熱心に話されるのを聞いてしまうと、ちょっと高く買ってあげたいと思うこともありますね。
 
タージン 情の厚いお人柄だ! その場は少し損をしたとしても、そういうお客さん本位の姿勢が、回り回って橋本代表への信頼につながるのでしょうね。今後の展望についても、ぜひお聞かせください。
 
glay-s1top.jpg
橋本 現在、大阪市と摂津市の2店舗を運営しています。今後は、店の数を増やすよりもこの店をもっと広くして、より多くの商品を並べられるようにしたいです。もっとも、将来的に家具好きな人が仲間に加わってくれたら、離れた場所にもう一つ店を開くのも良いかもしれません。
 
タージン 楽しみですね。一度はいらないと思われた物が、橋本代表の手にかかることで、新しい価値を持つようになる。まるで、回収された品の隠れたパワーを発揮させているようです。とてもワクワクするお仕事だと思います。
 
橋本 ありがとうございます。商品の数は大型店に比べて少ないものの、お客様の好みにぴったりな物が偶然見つかるかもしれない──そういう出合いを期待して、時々立ち寄ってもらえると嬉しいです。
 
タージン OSMWORKSさんは、店内を見ているだけで楽しい気持ちになってきますよ。今度、ぜひ妻と一緒に立ち寄りたいですね。これからも頑張ってください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
何事にも興味を持つことです。どのようなお客様なのか、どのような思いの詰まった家具なのかなどに興味を持つと、自然と仕事を楽しめています。
(橋本理)
 

:: 事業所情報 ::

OSMWORKS

〒532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原2-4-11 ハイツ東淀1F

ホームページ
https://recycleshop-osmworks.com

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事