B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

小さな命に大きな愛を 犬も人も幸せな世の中に
T.HOUSE 責任者 丹澤裕之

 
プロフィール 東京都出身。夫婦そろって大の愛犬家。パピヨンやチワワなど小型犬を中心に、数多くの種類の犬を育ててきた。ティーカッププードルの飼育を希望する相談が増えてきたこととペット業界の不透明性への危惧から、ブリーダー業での起業を決意。T.HOUSEを立ち上げ、2020年から販売を開始した。犬舎には、ペット雑誌や広告に起用される犬も在籍している。【ホームページ
 
 
 
近年のペット産業において不当の扱いをするペットショップやブリーダーが問題視されている。犬の健康状態や衛生面も考えないような事は、犬だけでなく飼い主まで不幸になると語るのは、T.HOUSE(ティーハウス)責任者の丹澤裕之氏だ。命を扱うドッグブリーダーとしての責任感を胸に、代表を務める妻の晴美氏と共に飼い主希望者の犬舎の見学や親犬との触れ合いを歓迎するなど、事業では透明性を重視。「子犬を送り出したあとは寂しくて涙することもある」と、心から愛情を注いでいる丹澤氏に、愛犬家として知られる矢部美穂氏が話を聞いた。
 
 
 

ティーカッププードルに特化したブリーダー

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 矢部美穂(タレント)
矢部 ドッグブリーダー事業を手がけるT.HOUSEさん。私は昔からワンちゃんが大好きなので、本日お会いするのを楽しみにしていました! T.HOUSEさんは、全国でもまだ珍しい、ティーカッププードルに特化したブリーダーさんだそうですね。
 
丹澤 はい。私たちはこれまでにパピヨンやチワワ、ヨークシャーテリア、ミニチュアダックスフンド、シェットランド・シープドッグ、マルチーズなどさまざまなワンちゃんと暮らしてきました。現在はティーカッププードル中心に、小さい子を入れて、12匹います。
 
矢部 私が飼っている4匹のヨーキーたちと同じぐらいかわいいです! どの子もとてもきれいにおしゃれしていて、ワンちゃん好きには夢のような空間ですね(笑)。ブリーダーをなさっている方で、ワンちゃんたちを洋服やトリミングでかわいくしてあげて、壁に写真を飾るなどここまで手を加えているのは珍しいですよね。すごく素敵です! ワンちゃんのおしゃれは、どこでされているんですか?
 
丹澤 ありがとうございます。お洋服や衣装、トリミングは、いつも自由が丘の「PUPPILY HILLS TOKYO(パピリーヒルズトーキョー)」さんにお願いしています。
 
矢部 これだけでも愛情いっぱいに大切に育てていらっしゃるのが、伝わってきます。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事