B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

自然素材にこだわった 安心の住まいを提案
有限会社瀬尾工務店 代表取締役 福田大輔

 
プロフィール 大阪府出身。京都大学で土木や建築・設備の工学を学び、就職後は空調設備の効率を上げる研究に打ち込む。次第に現場に出て人の役に立っている実感を得たいと思うように。その後、結婚を機に妻の実家である(有)瀬尾工務店に転職した。義父から建築やリフォームのノウハウを学び、2017年に代表取締役に就任。無垢材など自然素材の住まいを提案している。【ホームページ
 
 
 
大阪府堺市の有限会社瀬尾工務店は、新築・リフォームを問わず戸建住宅からマンション・店舗・工場まで、さまざまな工事を手がけている。京都大学出身で研究職に就いた経験もある代表取締役の福田大輔氏が特にこだわるのは、無垢材など自然素材を使った安心の住まいづくり。心地よい家を提供し顧客の笑顔を見ると、どんな疲れも吹き飛ぶと語る福田社長は、これからも健康な暮らしのために貢献すると決意を新たにするのだった。
 
 
 

結婚を機に研究所から工務店へ転職を決意

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 濱中治(野球解説者)
濱中 有限会社瀬尾工務店さんは、大阪府堺市を拠点に新築やリフォームなど建築事業全般を手がけておられるそうですね。さっそく、福田社長の歩みからお聞きかせください。
 
福田 私は生まれも育ちも堺市で、濱中さんとは同い年なんですよ。京都大学で修士課程まで進み土木や建築・設備の工学を学んだ後は、東証一部上場で設備工事を事業とする株式会社大気社に就職しました。神奈川県の事業所で、空調設備の効率を上げるさまざまな研究に取り組んでいたんです。
 
濱中 具体的には、どのような内容なのでしょう。
 
福田 一例を挙げると、水や氷を利用して空調設備の省エネにつなげる研究です。ただ、この仕事に没頭した3年間は楽しかった一方で、ひたすら研究所に閉じこもっていたので、自分の仕事が社会の役に立っているのか見えにくくもありました。もちろん役に立っているからこそ研究を続けられたものの、なかなかその実感を得られなかったことから「現場に出たい!」と思うようになったんです。
 
濱中 そうして、次のステップへ踏み出されたわけですね。
 
福田 そうですね。ただ、その大きなきっかけは結婚だったんですよ(笑)。実は、妻の父が弊社の創業者で、私は結婚を機に弊社に転職しました。1982年の創業以来、建築やリフォームを手がけてきた義父から、現場により異なるさまざまなノウハウを教わりましたね。そして私は、これまで学んできたことを施工で実践できる喜びを味わえるようになったんです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事