B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

魅力的な商品を世界から 輸出入のほか自社商品も
Link 2 Japan Trading 代表 今井香織

 
プロフィール 大阪府出身。高校、大学と英語圏で留学生活を送り、大学卒業後に帰国。複数企業で語学力を生かした仕事に従事し、顧客へのプレゼンを通じて交渉力も磨く。出産を機に働き方の転換を迫られる中、2019年、独立してLink 2 Japan Tradingを立ち上げた。海外雑貨の輸入や日本文化を伝える商品の輸出のほか、マタニティおよび健康関連の商品開発と販売も行っている。【ホームページ
 
 
 
キャリア志向の会社員生活から、仕事と育児の両立に悩む日々を経て、輸出入ビジネスおよび商品プロデュースの会社、Link 2 Japan Trading(リンクトゥージャパン トレーディング)を立ち上げた今井香織代表。無理をせず、家族との時間、自分の時間を確保しながら、そして楽しみながら働くことをモットーに前進し続ける今井代表に、これまでの歩み、今一番の要注目商品であるスマートリンクカードのことなど、興味深い話をたっぷりとうかがった。
 
 
 

留学で身に付けた語学力がキャリアの武器に

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球解説者)
狩野 Link 2 Japan Tradingさんは、ビジネスや日常生活に役立つ雑貨の輸入をはじめ、日本文化を象徴するようなメイド・イン・ジャパンの優れた商品の輸出、自社ブランド商品のプロデュースなども手がけているそうですね。
 
今井 はい。社名にも込めたとおり、世界中の新しいものやおもしろいものを、日本につなぐのが私の仕事です。海外と取り引きするなら、わかりやすい名前が良いとアドバイスをいただいたので、最大限ストレートに表現しました。
 
狩野 英語の通訳や翻訳もされるとお聞きしました。当然、英語は海外ビジネスの武器でもありますよね。どんな風にマスターしたんですか?
 
今井 私の英語は、カナダの高校とニュージーランドの大学に留学して身に付けたものです。2つの国で話されている英語は、日本語でいう関東と関西の言葉ぐらい違うので、ニュージーランドに移ったときには現地の人たちにずいぶん驚かれました。
 
狩野 現地に住み、実際の生活で使う言葉を学ばれたわけだ。2019年までは会社にお勤めだったそうですね。どんなお仕事を?
 
今井 業種を問わず、通訳・翻訳の需要があるさまざまな業界を経験しました。当時は完全なキャリア志向で、常にステップアップを意識しながらバリバリ働いていたんです。楽しかったですし、人生このままの調子でいくんだろうなと思っていましたね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事