B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

働きがいを設計して 顧客と伴走する社労士
社会保険労務士事務所HPC Office 代表 黒田公重

 
プロフィール (くろだ きみえ)東京都出身。学校で建築を学んだ後、建築設計を手がける会社に就職。その後、実家の保育園の経営事務や大手メーカーの営業職、ホテルの支配人などを経験し、知的財産権運用の経営コンサルティング会社に転職する。その中で会社は“人”で決まることを実感。働きがいをもてる会社づくりをサポートするため、社会保険労務士の資格を取得し、2019年に社会保険労務士事務所HPC Officeを開業した。【ホームページ
 
 
 
社会保険労務士事務所HPC Office(エイチピーシーオフィス)の黒田公重代表はこれまでに、いろいろな世界を見たいという思いから多くの業種で働いてきた。事務や営業、経営に関わる仕事などを経験するうちに、「どんな業界のどんな会社でも、そこで働く“人”が最も大事だと気付いた」と語る。現在は、従業員が入社してよかったと思える会社をつくるために、社労士としてだけでなく“働きがい設計士”として日々活動を続けている。
 
 
 

さまざまな職業を経験

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 千葉真子(陸上指導者)
千葉 さいたま市の社会保険労務士事務所HPC Officeさんに来ています。最初に、社労士のお仕事内容について教えていただけますか?
 
黒田 社労士は、社会保険の手続き業務や就業規則の作成など、お客様の企業の人事に関する、あらゆる業務のサポートをしています。
 
千葉 人事や労務の専門家なんですね。黒田代表はこの道に入る以前は、さまざまな職業を経験してきたと聞いています。
 
黒田 そうなんです。いろいろな世界を見たいと思って、さまざまな業種にチャレンジしてきました。もともと私は建築士になることを目指していて、学校卒業後は建築設計会社に就職したんです。でも当時は女性の待遇があまりよくなくて、総務課や秘書課など、設計と関係ない仕事をしていましたね。そんなあるとき、父が他界してしまい、実家で経営していた保育園の運営に携わりました。その後は、大手メーカーの営業職を経て、ホテルの支配人として人員配置や従業員指導などの人事関連のすべての業務を担当しましてね。さらにその次は、知的財産の取り扱いに特化した経営コンサルティング会社に転職しました。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事