B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

唯一無二の庭づくり 造園業の魅力を広める
株式会社美昌樹園 代表取締役 𠮷川雅千

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 造園業を営む株式会社美昌樹園の𠮷川雅千(よしかわ まさかず)社長にお話をうかがいます。まず、社名の由来を教えてください。
 
𠮷川 妻の名前が美樹と言いまして、そこに私の本名である昌和から昌の字を入れて美昌樹園と名付けました。
 
タージン ご夫婦の名前だったんですね。では、𠮷川社長はなぜ造園業に進んだのでしょうか。
 
𠮷川 最初は知人に宮大工さんがいて、後継者が少なくなっているとのことで、その道に誘われていました。でも、植木屋さんでアルバイトをした経験もあって、造園の仕事に魅力を感じていたんですよ。いろいろ考えた結果、自分の性格上、宮大工より自由度の高い仕事ができそうな造園業に進もうと決めました。ただ、その前に会社員としての社会人経験も必要だと思ったので、まずはプログラマーとして働いたんです。数年経験を積んで、本格的に造園の道に入りました。
 
タージン それでは、どのような庭づくりをしているのかを教えてください。
 
𠮷川 古民家の延べ石、石臼などの古材を使って、環境に優しくコストも抑えた庭づくりをしています。また、お庭の管理や土壌の改善なども手がけていますよ。一般家庭から店舗、企業、寺社、さまざまなお庭に幅広く対応しています。
 
タージン 実績を拝見すると古材を使って素晴らしいお庭に仕上げているのがよくわかります。設計図はあるんですか?
 
𠮷川 いいえ。簡単なイメージを描くくらいで、あとは現場で創作することがほとんどですね。設計図がないところがこの仕事のおもしろさで、唯一無二のお庭ができるところにやりがいを感じます。
 
タージン もはや作品づくりですね。職人さんは芸術家といったところでしょうか。創造力溢れる仕事だなぁ。
 
glay-s1top.jpg
𠮷川 ありがとうございます。今後は造園業のイメージアップをしたいですね。最近は海外で盆栽などがブームで、造園の知識を持っている方もいるんです。以前、フランス人が弊社に来てくれて、こちらが気付いていなかったような質問に教えられることがあり、造園に奥深い魅力を感じたことがありました。でもこれからは自分たちで自発的に、造園の素晴らしさを発信したい。そのために、若手を本物の職人に育て上げながら、自分自身のブランドがつくれるよう頑張りたいですね。
 
タージン お話を聞いて、私も同年代として刺激をもらいました。𠮷川社長は信念を持って仕事をしている方。ぜひ、造園の魅力を発信してほしいです!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
自分が仕事を楽しむことが大事です。そうすれば、一緒に働く人たちもついてきてくれますからね。若い人に造園業の魅力や楽しさに気付いてもらえるように、起爆剤となるような仕事をするのが役目だと感じています。
(𠮷川雅千)
 

:: 企業情報 ::

株式会社美昌樹園

〒591-8032 大阪府堺市北区百舌鳥梅町1-18-15

ホームページ
http://www.bisyoujuen.com

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事