B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

くつろぎのカフェ&バー 地域で長く愛される店に
Cafe & Bar Number5 代表 髙橋英一郎

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 宮地真緒(女優)
宮地 埼玉県上尾市で営業するCafe & Bar Number5(カフェアンドバー・ナンバーファイブ)さんにお邪魔しています。県道沿いの静かな町並みに、シックな店構えがよく似合っています。店内もゆったりとくつろげる雰囲気に仕上がっていますね。
 
髙橋 ありがとうございます。インテリアは色使いにも気を配り、華美になり過ぎないようにして居心地の良さを追求したつもりです。自分だったらこんな店に行きたいな、というイメージでつくりました。
 
宮地 わかります! 私もつい長居しちゃいそうです(笑)。髙橋代表は、以前から飲食店経営に携わっておられたんですか?
 
髙橋 そうですね。ただ、飲食だけでなくいろいろな仕事にチャレンジしてきましたよ。もともと自由気ままな性格でしたから、20代後半までは定職に就いていなかったんです。およそ会社勤めになじむタイプじゃなかったものの、妻との間に2人目の子どもが生まれたのを機に、家族の生活を支えていこうと、通信系の企業に就職してリース営業を担当したのがキャリアの第一歩でした。
 
glay-s1top.jpg
シックな色使いでまとめられた居心地のいい空間
宮地 ご自身を自由人とおっしゃる髙橋代表にとって、営業のお仕事はいかがでしたか?
 
髙橋 これといったスキルがない状態からのスタートだったので、とにかく必死でしたね。周りにあれこれ気を遣わず、成績を上げることだけに集中していました。当時は意識していなかったけれど、仕事に取り組む過程で社会常識やコミュニケーションの要領が身につき、その経験は今も役立っていますね。
 
宮地 そうして会社勤めもご経験され、現在はカフェ&バーのオーナーというお立場に。独立なさったきっかけが気になります。
 
髙橋 やはり元来の性格でしょうか、自分の力でやっていける仕事がしたくなったんです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事