B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

不動産投資の先を見据え 人生をトータルサポート
株式会社不動産の大辻 代表取締役 大辻春人

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 宮地真緒(女優)
宮地 不動産賃貸業を手がけておられる、株式会社不動産の大辻さんにお邪魔しています。大辻代表は、YouTubeで「不動産投資チャンネル」もお持ちだそうですね。
 
大辻 そうなんです。私自身、2014年にアパートを一棟購入するところから不動産投資を始め、紆余曲折ありました。その際の経験談や得られたノウハウをより多くの方にお伝えしたいと思い、YouTubeを活用することにしたんです。
 
宮地 ワンルーム投資などではなく、アパート一棟を丸々購入されたのですね。
 
大辻 はい、いろいろと調べた結果、ワンルームよりもアパート一棟を運営したほうが成功しそうだと感じまして。特に私の所有するアパートのある秋田県秋田市内の場合、物件自体は安いものの、家賃は土地に対して安いわけではないことが多いので、利回りが良いと考えたんです。
 
宮地 なるほど! 地域ごとに特色があっておもしろいですね。そもそも大辻社長が不動産投資に興味を持つようになったきっかけは何だったんですか?
 
大辻 実は私が中学生のときに実家が自己破産をしまして。高校にはなんとか進学できたものの、大学時代は新聞奨学生として通っていました。大学の入学金や学費を支払ってもらう代わりに、新聞配達の仕事をする、というものですね。
 
宮地 大変なご苦労をされていたんですね。
 
glay-s1top.jpg
大辻 ええ。朝刊と夕刊の配達に加え、月末は集金と営業までしていました。常に、もっと効率よく稼げる仕事はないのかと考えていましたし、お金に執着していましたね。そんなこともあり、卒業後は給料が良いという理由で製薬会社に入ったんです。
 
宮地 社会人第一歩目は、まったく違う業界でお仕事をされていたんですね。そこから不動産投資との出合いというのは?
 
大辻 得意先の病院の駐車場を歩いているときに、新築ワンルームの不動産営業をしている方に声をかけられたんですよ。よくよく聞いてみると、「投資してみませんか?」というお話でして。その方のお話は丁重にお断りしました。しかし、不動産投資自体には興味が湧いてきて、自分で勉強するようになったんです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事