B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

業務用低価格食器を提供
自社設計でOEMもお任せ

 

語学に強い業界経験豊かなシニアよ来たれ!

 
glay-s1top.jpg
八木 あらためて、1956レストラン・サプライさんが日本市場で発揮できる優位性はどんなところにあるとお考えですか?
 
鈴木 一番はやはり、お選びいただける商品の種類が多いことですね。自社設計の金型が5000個以上あるので、ご希望にかなう一品が必ず見つかると思います。さらには高品質と低価格の両立です。企画から設計、販売までを自社で一貫して行うことで、コストを抑えながらクオリティの維持・向上も実現しています。
 
八木 会社設立から2年が経過して、今後に向けた計画も一層大きくなっていることでしょう。
 
鈴木 そうですね。おかげさまで日本企業の間でも弊社製品への認知度が少しずつ上がってきて、大口の商談成立にも視界が開けてきたように思います。そうなると、目下の課題は営業スタッフの拡充です。現在は大阪のほか東京にも営業担当を置いて6人体制でセールスを展開しており、今後は思い切った増員で市場へのアプローチを強めていこうと計画しています。
 
八木 商品に自信がある以上、営業力の強化を急ぎたいところですね。求めるスタッフ像については、どのようにお考えですか?
 
glay-s1top.jpg
鈴木 業界に詳しくて意欲を持って営業に取り組める方なら、年齢は問いません。加えて英語か中国語を話せるなら大歓迎です。私のように定年過ぎの年代でも元気に働けるシニアはたくさんいらっしゃるはずなので、ふるってご応募いただきたいですね。
 
八木 食器といえば陶器やガラスが標準の日本で、今まで注目されなかった新しい価値を売り込むのは簡単ではないでしょう。けれど、メラミン食器などの使い勝手の良さがもっと受け入れられる日も近いと思います。2020年はきっと、1956レストラン・サプライさんにとって飛躍の年です。頑張ってください!
 
鈴木 ありがとうございます。2020年は明けて早々に拠点を東大阪に移しまして、新倉庫も完成しました。居酒屋ショーなど示会への出展予定も目白押しなので、気を引き締めて臨みたいと思います。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
まずは健康でいること。そうすれば気力も満ち、楽しくお客様と接することができます。結果的に、お客様も喜んでくださるので、本当に楽しく働いていますよ。
(鈴木隆三)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 1956レストラン・サプライ株式会社
■ 本社 〒561-0833 大阪府豊中市庄内幸町1-3-7
■ 事業内容 食器・調理器具などの製造・販売
■ 設立 平成29年12月
■ 従業員数 6名
■ 主な取引先 株式会社丸紅食器設備/岸保産業株式会社/江部松商事株式会社/エムケー厨設株式会社/株式会社えびすや金物店/柴田金物株式会社/グローバルテーブルサプライ その他
■ ホームページ http://www.1956direct.jp/