B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

誠意を持って成果を出す
安全第一の足場づくり

 
 
glay-s1top.jpg
吉井 小林社長のたゆまぬ努力が実を結んだわけですね! 会社を引っ張る小林社長の背中を見て、従業員のみなさんも多くのことを学んだでしょう。
 
小林 私自身、お世話になった社長には「こちらから頼んで仕事をもらうより、向こうから仕事を頼まれるほうが大事。それが実力主義だ」と教わりました。その考え方を、私も従業員に伝えているんです。もちろん、成果を出すだけでなく、誠意をもって働く姿勢も共有しています。みんなが高い意識で取り組めば百人力ですからね。
 
吉井 誠意を持ってブレずに突き進んできたからこそ、現在があるのでしょうね。そんなケーセーフティさんの強みとは何でしょうか?
 
小林 ずばり安全の徹底ですね。現場で怪我や事故を決して起こさないように、気を配っています。足場工事は常に危険と隣り合わせの仕事だからこそ、慎重に冷静に仕事に取り組む。そんな思いを「セーフティ」という社名に込めました。仲間が怪我をしたら悲しいですし、お客様にも迷惑がかかります。無事に作業を終えることは、お客様のご満足につながり、次の仕事が生まれるきっかけにもなるわけです。
 
吉井 素晴らしいお考えですね。小林社長の思いを受け継ぐ、後進の方々の成長も楽しみですよ。
 
glay-s1top.jpg
小林 弊社には10代から働いてくれている頼もしい従業員もいて、ぜひとも会社を継いでほしいと思いながら成長を見守っています。ベトナムからの技能実習生も、慣れない日本語を一生懸命覚えながら仕事に励んでいます。本当にみんなよく頑張ってくれていて、感謝せずにはいられませんよ。
 
吉井 素敵だなぁ。小林社長の優しさが伝わってきますよ! ご自身が受けてきた恩を、今度は下の世代の方々にも継承されているのですね。ケーセーフティさんでは技術だけでなく、さまざまなことを学べて、人として成長できる場所なんだと思いました。それでは、今後の目標もぜひ教えてください!
 
小林 少なくとも30期はこの会社を継続させたいですね。今年2020年で法人化してから4期目になりますので、先はまだまだ長いです。それでも、地道に実績を積み重ねていきたいと考えています。
 
吉井 よく作業員の方々が威勢のよい言葉を掛け合っている光景を見かけます。それは、仲間同士で大声を出し合って、しっかりと危機管理をしているのですよね。小林社長の安全面を大切にするお話をうかがって、そこには深い信頼関係があり、お互いが命綱よりも強い絆で結ばれていると感じました。これからも頑張ってくださいね!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
「自分はこうなりたい」というイメージを明確に持つことですね。例えば憧れの車に乗りたいとか、カッコよく生きたいとか。そのような目標を持って仕事に取り組むのが大事だと思います。
(小林賢介)
 

:: 企業情報 ::

ケーセーフティ株式会社

〒271-0081 千葉県松戸市二十世紀が丘美野里町239 根本ビル102

ホームページ
http://www.ksafety2016.com