B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

ニーズに合わせた対応で 
素早くきっちり古紙回収

 

信頼できるスタッフと逆境に立ち向かう

 
glay-s1top.jpg
狩野 お話をお聞きしていると、この業界は日本国内だけではなく、外国の政策にも影響を受ける場合もある大変な仕事なんだとわかります。そんな中、今後どのようにして事業に取り組まれていくのか、ぜひ教えてください。
 
右松 経費を削減しながら業務のコンパクト化を図りつつ、合理的に利益を追求する方針を決めています。以前は事業の拡大を考えていたものの、中国の動向などを見ながら、臨機応変に舵取りを進めているんです。
 
狩野 揺れ動く状況を見て、しっかりと方針を判断できるのは素晴らしいですよ。頼りになるスタッフのみなさんもいますしね。野球に例えるなら、右松社長が監督としてチームの采配をするといったところでしょうか。
 
右松 野球チームで言えば、選手であるスタッフがしっかりやってくれているので、私はあまり表に出ないようにしています。私が出ていくのは、何か大事があった時だけですね。以前、私が現場に出向いたところ、みんな「社長を現場に出させてはいけない」と懸命に頑張ってくれたんですよ。
 
狩野 それは頼もしい! 信頼して任せられる、本当に良い人材に恵まれていると思いますよ。右松社長の思いやりと感謝の気持ちが、きちんとスタッフに伝わっているんでしょうね。
 
右松 ありがとうございます。この仕事は肉体労働ですから、チーム一丸となって仕事をやり遂げた時には大きな達成感があるので、みんなとてもテンションが上がるんですよ。
 
狩野 まさに、やりがいを感じる瞬間ですね。チームで仕事をやり遂げ、盛り上がる様子は本当に野球チームのようですよ。
 
glay-s1top.jpg
右松 ええ、私も野球が好きで、甲子園球場には年に10回以上は観戦に行くんです。スタッフにも野球好きが多いので、ぜひとも全員の年間シートを取って、お客様やスタッフたちとみんなで一緒に観戦できるように頑張りたいですね。
 
狩野 きっとスタッフのみなさんも喜ぶでしょうね。そう言えば、右松社長は釣りもお好きだと聞いていますよ!
 
右松 ええ。魚を釣るだけでなく、たまにお客様からいただいた魚をさばいて、お昼にふるまうこともあるんですよ(笑)。
 
狩野 右松社長自ら魚をさばいてくれるんですか! 実にアットホームで温かい会社ですね。今後もスタッフのみなさんと力を合わせて、逆境を乗り越えていってください。僕も応援しています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
人付き合いやコミュニケーションが大事ですね。お客様やスタッフ同士、さまざまな人たちと仲良くできれば楽しく仕事ができると思います。
(右松英希)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 旭宝資源株式会社
■ 本社 〒556-0052 大阪府摂津市鳥飼本町3-5-13
■ 事業内容 古紙・機密書類の回収/リサイクル事業
■ 設立 平成27年2月
■ 従業員数 40名
■ ホームページ http://www.kyokuhoushigen.com
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事