B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

感謝の気持ちを忘れず 物流業を中心に躍進!
株式会社ココ/和晃運輸株式会社 代表取締役 佐藤寿彦

 
プロフィール 兵庫県出身。1971年に両親が創業した和晃運輸(株)で、学生時代より引越業務を経験する。20歳の時に札幌三信倉庫(株)に入社し、トランクルーム事業の営業を学ぶなど多くの経験を積んだ。その後、(株)ココを設立し、代表取締役に就任。2019年5月から和晃運輸の副社長も兼務する。さらに、同年11月には持ち前のチャレンジ精神を活かして飲食事業も開始し、スパイスカリー店を開店した。【ホームページ
 
 
 
物流事業や引越・トランクルーム事業を手がける和晃運輸株式会社の副社長と、株式会社ココの代表取締役を兼務する佐藤寿彦氏。修業時代に学んだことや、起業した当初に周囲の人々に支えられたことなど、多くの経験を積んで佐藤社長が気付いたのは「サービスとは業務の先にあるものを提供すること」だという。人へ感謝の気持ちを忘れず、常にチャレンジする精神で事業に取り組む佐藤社長に、仕事に対する熱い思いをうかがった。
 
 
 

阪神・淡路大震災でトランクルームを提供

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 濱中治(野球解説者)
濱中 兵庫県伊丹市の和晃運輸株式会社さんにお邪魔しています。同社の副社長も務める、株式会社ココの佐藤社長にお話をうかがいましょう。今日はご家族総出でお出迎えくださって、本当にありがとうございます!
 
佐藤 こちらこそですよ。みんな昔から大の阪神ファンで、今日は濱中さんにお会いできるのを楽しみにしていました!
 
濱中 そう言っていただけると嬉しいですね。それでは、さっそく和晃運輸さんとココさんについてお聞かせください。
 
佐藤 和晃運輸は、1971年に現会長である私の父と、同じく社長を務める母が創業しました。物流事業や引越事業を手がけるほか、関西で初めて押入れ産業株式会社が手がけるトランクルームチェーンの加盟店になるなど、時代に先駆ける経営を続けてきた運送会社です。一方、私が経営するココは、2013年に立ち上げました。和晃運輸と同じく、引越やトランクルーム・レンタル収納スペース業を中心に、遺品整理やマンションの修繕など、さまざまな事業を展開しています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事