B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

社会のインフラと家族を
守り抜く舗装工事会社

 

誠実な心が良い職人と良い会社をつくる

 
glay-s1top.jpg
畑山 最近の土木業界では、「仕事があっても人が足りない」という声が聞かれますね。
 
安部 私の若い頃には信じられない話です。「稼ぎたい!」というガッツのある若者にはもってこいの仕事だと思うのですけどね。
 
畑山 では、雄夢美さんが理想とする人材や仲間は、どんな人なのでしょうか?
 
安部 義理人情を大切にする人ですね。今の話と少し矛盾するものの、この仕事はお金では推し量れないところがあります。というのも、道路は多くの人の目につくものですから、仕上がりの美しさが求められるんです。一方で、人目につかない基礎の部分を軽く扱うと、道路の安全性が低下してしまう。誰かに見られていても見られていなくても、期待を裏切らない工事を行うことが大切なんですよ。工事に必要な資格や技術は、入社後にいくらでも身につけられます。会社も大いにサポートしますよ。
 
畑山 技術は後からついてくるから、まずは誠実な心が重要だと。その意味では、今の時代、コンプライアンスを遵守する意識も大切ですよね。
 
glay-s1top.jpg   手入れの行き届いた車両から会社の雰囲気が伝わる
手入れの行き届いた車両から会社の雰囲気が伝わる
安部 おっしゃるとおりで、現場での立ち居ふるまいや言葉づかい、ゴミの掃除など、人として当たり前のことができなければ、良い職人とは言えません。
 
畑山 僕は昔、足場工事会社でアルバイトをしていました。その当時は「あれ取ってこい」と言われて「あれって何ですか?」と聞くと「あれもわからねぇのかバカヤロー!」と怒鳴られるなど、ずいぶん理不尽な目に遭ったものです(笑)。でも、そういう時代ではなくなったんですね。
 
安部 そうですね。特に弊社の従業員は“ファミリー”という感じですよ。ほら、この社員旅行の写真でもみんな楽しそうでしょう? 年に1度、従業員間で行き先を決めて社員旅行を実施しているんですよ。やっぱり頑張ってくれている子たちには会社から何か還元したいですからね。
 
畑山 企業は人なりと言います。彼らがいるから、今の雄夢美さんがあるのでしょう。
 
安部 そのとおりです。工事後、お客様から「安部さん、ありがとう」と言われると、私はいつも「そうではありません。工事したのはうちの従業員たちだから、今度会ったときにお礼を言ってあげてください」とお伝えしています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事