B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

「場BOK」®を用いて 場の演出で教育を促進
株式会社テックキューブ 代表取締役 浅井治

 
プロフィール 愛知県出身。幼い頃からラジオを自作するなど、電気工作に興味を持つ。名城大学理工学部電気工学科を卒業後、大手電機メーカーのグループ会社であるソフトウェアメーカーに就職。OS開発に携わった。その後、大手通信会社に転職。人材教育を手がけ、サイバー大学で准教授を務めた。2019年に(株)テックキューブを設立。場の演出による教育効率の向上を目指す、独自の教育メソッド「場BOK」®を構築した。【ホームページ
 
 
 
結婚式など非日常の場での出来事は、記憶に残りやすい。ならば、学びの場であるセミナーや研修にも非日常性は重要ではないだろうか。本番時の演出だけでなくプロモーション、アフターフォローまでをトータルで考えるのが、株式会社テックキューブの浅井治代表取締役だ。イベントプランナーのような思考で、教育効果の高い教育の場を創造する。その教育理論を体系化した独自メソッド「場BOK(バボック)」®についてうかがった。
 
 
 

研修後の拍手で教育の道に目覚めた

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 吉井怜(女優)
吉井 セミナー事業を手がける株式会社テックキューブさん。浅井代表はもともとエンジニアとしてご活躍されていたそうですね。
 
浅井 ええ。幼い頃から電気工作少年で、大学でも電気工学を専攻しまして。ソフトメーカーに就職した後は、OS開発プロジェクトに参加し、ソフトとハード、両方の視点から物事を考えられるようになりました。この経験が、その後のキャリアにも影響しましたね。
 
吉井 小さい頃から筋金入りのエンジニア気質だったんですね!
 
浅井 そうですね。ただ、仕事でお客様とお話しする機会が増えるにつれて、お客様と直接関われるほうが自分に合っていると気付きました。エンジニアの例に漏れず営業活動が苦手だった私には大きな転機でしたね。また、「ITが発達することにより人間の仕事が奪われる可能性があり、ITの開発は人減らしにつながるのでは」とも考え、通信業界に転職したんです。そこで初めて人材教育を担当し、サイバー大学の准教授も務めました。
 
吉井 初めてのことへの挑戦に苦労もあったのではないですか?
 
浅井 おっしゃるとおりです。明るいイメージの職場にしたいとの思いで研修講座を開くも、最初は受講者が集まらなくて。そこで、何が求められているかを考え、70ほど研修コースをつくりました。エンジニアの苦手分野をエンジニアの視点でわかりやすく伝え、研修の最後に拍手をいただいたこともありました。その拍手が、私を教育研修の道に目覚めさせたんですよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事