B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

建物の土台づくりを担う
精密な技術の型枠工事

熟練の職人たちと共に顧客の希望を叶える

 
glay-s1top.jpg
狩野 お父様から継いだ会社の名に恥じないよう頑張ってきたからこそ、周囲の方々にその努力を認めてもらえたんでしょうね。そんな松本社長が、業務の中で大切になさっていることをぜひ教えてください。
 
松本 お客様のご希望どおりの建物をつくるために、できる限り柔軟な対応ができるように心がけています。弊社はオフィスなどが入る商用ビルよりも、個人のお客様の建物の工事に携わることが多いんです。そのため、デザイナーズ住宅など個性的な形をした建物の仕事も数多くあるんですよ。そのような場合、特徴的な形状に合わせた型枠をつくるために精密な技術が必要ですし、型枠をつくったその日にデザインの修正などで変更が必要なこともよくあるんです。コンクリートの建物は一度建ててしまうと、直すためには取り壊さなければならないので、取り返しがつきません。だからこそ、工程の中で臨機応変な対応が必要になってきます。時には現場の職人の判断で、お客様の希望に沿った工事を行うこともあるので、私としては非常に助かっています。
 
狩野 職人さんが柔軟に対応できるほどの技術を持ち、しかも松本社長の考えをきちんと理解してくれているからこそ可能なんでしょうね。職人さんとの信頼関係が築かれている証拠だと思いますよ。
 
glay-s1top.jpg
松本 それもやはり、父の影響が大きいですね。父がお客様の希望を大切にし、できる限り聞き入れるように職人たちに指導していたから、そうした対応が自然とできるんだと思います。
 
狩野 なるほど。お客さんの希望を大切にする姿勢も、先代から受け継いだ理念だったわけですね。職人さんたちもその姿勢を徹底しているのも素晴らしいですよ。
 
松本 ありがとうございます。弊社に所属する職人は若手も多く、ベテランがサポートを行いながら一人前を目指して修業をしています。ベテランと若手の比率はほぼ半々なためとてもバランスが良く、人材育成と精密な仕事が両立できているんですよ。
 
狩野 ベテランと若手の職人さんがうまく融合して、良好な雰囲気をつくっているわけだ。仕事をするうえでも、会社の経営にとっても、良い影響を与えているように思います。