B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

誠実さと技術力を活かし
“築炉”で工業を支える

 

高度な技術で築炉を手がけるプロ集団

 
glay-s1top.jpg
工場・プラントの焼却炉や工業炉などを建設する“築炉”。その築炉工事を専門に行っているのが、大阪府堺市の株式会社Honestです。同社では、さまざまな分野の炉を手がけており、材料の選定から炉に使用する金物、制御盤、燃焼機器の製作、制御盤や機器の設置に付随する各種電気工事に至るまで、築炉に関する作業を一貫して行える体制を整えています。炉の設計や施工に少しでもミスが生じると、溶解した金属が外部に漏れ出てしまうなどの重大な事故につながりかねない。そのような重圧の中、非常に繊細かつ高度な技術で業務をこなすHonestは、まさに築炉のプロフェッショナル集団なのです。
 
glay-s1top.jpg
耐火物解体中の様子
glay-s1top.jpg
耐火物の解体が完了した炉内
 
glay-s1top.jpg
耐熱ボードの施工
glay-s1top.jpg
耐火レンガの施工
 
築炉の作業内容は、古くなった耐火物の解体、耐熱ボードや耐火レンガの敷設や組み立て、さらにはコンクリートと同じように型枠をつくって耐火物を流し込んだり、壁に吹き付けたりするなど多岐にわたります。足場・解体・溶接・大工・左官といった建築に関わるさまざまな技術が必要とされるため、要求される技術のレベルが非常に高い仕事と言えるでしょう。 しかし、Honestの代表取締役である西田真大氏は、「困難な作業を成し遂げたあとの感動は大きなやりがいになる」と言います。少子高齢化の影響により、業界内で職人の数が減少する中、西田社長は「少しでも築炉に興味を持ってくださった方は積極的に挑戦して、自分なりの楽しさを見つけてもらいたい」と、若い世代へのチャレンジに期待を込めています。今後も高度な技術による“築炉”で、日本の工業を支えるHonestの活躍に注目です。
 
glay-s1top.jpg
耐火キャスタブル吹き付け施工
glay-s1top.jpg
炉床の成形ブロック施工
 
glay-s1top.jpg
施工が完了したバーナー壁
glay-s1top.jpg
耐火キャスタブル打設後の炉床