B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

フラメンコで人生を豊かに
老若男女が楽しめる教室

 
 
glay-s1top.jpg
タージン こちらの教室の強みについても、ぜひ教えていただけますか?
 
安井 一つは、今タージンさんがおっしゃった環境の良さ。フラメンコスタジオは大きな音が出るので地下につくられることが多く、当教室のように1階で運営できる所は少ないんですよ。大きな窓から自然光が入ってきて、緑も見える物件が見つかったのはとてもラッキーでした。
 
タージン ここなら道行く人からも踊っている姿が見えますよね。
 
安井 そうなんです。フラメンコと聞くと激しく情熱的な踊りをイメージされる方が多いと思います。それはそのとおりで大きな魅力の一つではあるものの、実は激しいばかりがフラメンコではありません。小さいお子さんから年配の方まで、年齢・性別・体形を問わず誰もが楽しめる芸術なんです。このスタジオには下は5歳の男の子から、定年退職をされた男性や、70代後半の女性まで、幅広い年代の方たちがいらっしゃいます。
 
タージン そうなんですか! フラメンコは女性が踊るものとばかり思っていたので、目からうろこです。こちらでは、本場スペインのアーティストが講師として訪れることもあるそうですね。
 
glay-s1top.jpg
安井 はい。不定期で行う、スペイン人講師による歌や踊りの特別クラスや、趣向を凝らしたワークショップが好評ですよ。また、アレクサンダー・テクニークという、解剖学の知識に基づいた、無理のない体の使い方がわかる技法があり、現在、私自身がアレクサンダー・テクニークの教師になるコースで学んでいることもあって、そのワークショップにも力を入れています。以前、膝を傷めて手術を余儀なくされたところを、このアレクサンダー・テクニークに救われました。体を正しく使って踊ることで、足腰の痛みなどが改善することも多いんですよ。
 
タージン フラメンコの理に適った動きが芸術として人の心を打つのに加えて、体を健やかに保つのにも役立つというのは今日の発見ですね。今後ますますのスタジオの発展に期待します。頑張ってください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
働くことは生きるために必要なお金を得るためだけではなく、すべてが自分の成長に役立つものだと思っています。しんどい状況も「これが次のステップかな」と、転換期だととらえるんです。ですから仕事はもはや、楽しむというより、人生に必要なものですね。
(安井理紗)
 

:: 事業所情報 ::

スタジオ・ヴェルデ

〒561-0872 大阪府豊中市寺内1-3-25 シャトーグリーンハイツ102

ホームページ
https://studio-verde.com

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事