B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

新進の鳶・足場工事会社 若い世代の活力を生かす
株式会社友誠建設 代表取締役 眞澄将

 
プロフィール 神奈川県出身。学生時代は空手に打ち込み、全国大会にも複数回出場した。学業修了後は、大手アパレル企業に就職して販売員として活躍。建設業界に転身し鳶、足場工事に携わる。22歳で独立して約5年の実績を積み重ね、2019年6月に(株)友誠建設として法人化。社名は「友を大切にし、常に誠実な仕事をしていく」というモットーから。【ホームページ
 
 
 
2019年6月設立の株式会社友誠建設は、川崎市を拠点に鳶、足場工事を手がけるフレッシュな会社だ。個人事業主から出発し、2019年現在5年の実績を持つ眞澄将代表は、26歳という若さ。10代、20代の若い社員を無理なくまとめ、かつてアパレル業界で培ったセンスを武器に、建設業の旧来イメージを変えるため、明るく過ごしやすい職場づくりを目指している。そんな眞澄代表に、これまでの歩みと社業の現在、将来の夢について語ってもらった。
 
 
 

足場架設から新築工事まで

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 川上麻衣子(女優)
川上 川崎市の友誠建設さんにお邪魔しています。実は建設会社と聞いてもっと簡素で飾り気のない事務所を想像していました。意外にカラフルでおしゃれだから少しびっくりしています! リビングにあっても良さそうなソファやテレビもあるんですね。
 
眞澄 社員や仲間が集まりやすい場所にしたかったんです。仕事終わりなどにみんなでくつろげるように、ソファも来客用だけじゃなく多めに置きました。
 
川上 きっと眞澄代表をはじめ働くみなさんがお若いから、事務所の雰囲気一つとっても従来の会社とは違うんでしょうね。建設業に関わるお仕事は大変多岐にわたると思います。友誠建設さんでは具体的に何を手がけているのですか?
 
眞澄 建設現場での鳶の仕事や足場の組み立てが中心です。中高層マンションが多いほか、工場の案件などもいただいています。また、改修や新築工事も行っており、最近はオリンピックの選手村関連で忙しくさせてもらっています。
 
川上 高い建物をぐるりと囲む足場は、私たちも普段目にする機会が多いです。下から見上げるだけで怖くなってしまいますよ。眞澄代表は高いところも平気なのでしょうね。
 
眞澄 もちろん、大丈夫ですよ。
 
川上 プロにする質問ではありませんでしたね。ちなみに私は絶対駄目(笑)!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事