B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

子どもたちの心の成長を
カウンセラーがサポート

 
 
glay-s1top.jpg
狩野 それは素敵だなぁ。でも、カウンセラーの方が野球を教えてくれるというのは非常に珍しいスタイルですよね。どのような野球チームなんでしょうか?
 
池田 私たちが目指しているのは、心と体をバランス良く育てていくための野球クラブです。厳しい指導で根性をつけるのではなく、褒めて伸ばすことに重点を置いています。野球の技術だけではなく、心の成長までサポートできるような指導を目指しているんですよ。
 
土井 野球の技術に関しても、「できる」「できない」で周りと比べるのではなく、まずはその子自身の存在を肯定してあげることを大切にしています。失敗を恐れずにプレーできるよう、小さなことでも一つずつ褒めてあげて、その積み重ねから「もっとうまくなりたい!」、「僕はできるんだ!」という気持ちを持ってもらえるようになったらなと考えているんです。
 
狩野 僕も現在、中学生の野球チームを指導しているので、お二人のお考えにはとても共感します! ミスを追及するのではなく、できたことを褒めてあげると、子どもたちも自分で考えるようになり、自然とミスが減っていくんですよね。
 
glay-s1top.jpg
小上 おっしゃるとおりですね。ただ大事なのは、“褒めて伸ばす”のと、“叱らない”のは違うということです。子どもたちが周りに対して間違った行動をした時には、しっかりと叱り、正しく指導することも大切にしています。子どもたちが何が正しく、何が間違いなのかわからないまま、私たちが何でも肯定してしまうと、本人の意識に「甘え」が生まれてしまう。すると、社会の中でその子が何らかの原因で周囲から否定されてしまった時に、過度な被害者意識から心の病につながってしまうんです。心の強さを育てるのは、幼少期時代の経験が関連してきます。ですから、できるだけ子どもたち自身の存在価値や自己肯定感を高めてあげられるような指導をしていきたいですね。
 
狩野 それは非常に大事なことですよね。僕も、野球に勤しむ子どもたちには、プロになることを考える前に、野球を通じて精神を鍛えたり、チームワークや組織のあり方を学んだりしてもらいたいなと思います。少年野球の場合、野球の技術よりも、成長していく過程で必要になることを学べる場になれば良いですね。
 
池田 そうですね。子どもたちが楽しみながら練習をしてくれれば、「もっとうまくなりたい」という気持ちは自ずと生まれてきます。常に、成長して自分に目を向けさせていくことで、自信のある子たちを育てていきたいです。
 
狩野 ぜひとも皆さんには、一人でも多くの子どもたちが前を向いて頑張れるように、これからも親身にサポートしていただきたいですね。僕も応援しています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
クライアント様に立ち直っていただいた時の喜びや、子どもたちが笑顔にあふれている時が、私にとってのご褒美です。それに、後方支援をしてくれる他のスタッフたちとの良好な人間関係も仕事のやりがいですね。彼らがいるからこそ、私も楽しく仕事をさせてもらっています。
(小上左千子)
 

:: 企業情報 ::

株式会社クロス・ワード/特定非営利法人VABBO KIDS

大阪本部
〒569-0036 大阪府高槻市辻子3-68-30

出雲支部
〒693-0006 島根県出雲市白枝町728

東京支部
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南

ホームページ
http://www.crossword-ciao.com/
http://www.vabbo-kids.com/ (VABBO KIDS)

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事