B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

若い力を先頭でまとめ
迅速な基礎工事を実現

 

多能工の強みを活かし短納期の現場にも対応

 
glay-s1top.jpg
内山 周囲の反対を押し切ってでも、自分の目標に果敢に挑戦していく。泉澤社長の姿勢にはとても共感できますよ! それでは、業務内容についても教えてください。
 
泉澤 基礎工事をメインに、外構工事やブロック・レンガ工事なども手がけます。基礎工事は戸建てやアパートが中心です。穴を掘って枠組みをつくり、生コンを固めたり、鉄筋を組んだりします。建物をつくる際、最初に現場に入る仕事ですね。
 
内山 まさに現場のトップバッターですね。その名のとおり、建物の基礎となる最も重要な部分を担う仕事だと言えると思います。政泉さんの強みはなんでしょうか?
 
泉澤 ズバリ、スピードですね。弊社には若い従業員が多いので、とても勢いがあるんです。そのため、納期が間近に迫っている現場や、短い期間でしか工事できない現場の依頼をよくいただくんですよ。もちろん、スピードだけではありません。内山さんがおっしゃるとおり、基礎となる大事な部分ですから、丁寧な仕事を心がけています。
 
内山 なるほど。納期に間に合うように、「政泉さんなら何とかしてくれる」と、業界内でも頼りにされているんでしょうね。従業員の方々は、泉澤社長と同じように多能工として育成しているのですか?
 
泉澤 ええ。分業制で一つの技術だけ習得させたら、もし誰かが休んだときに対応できませんからね。でも、多能工だとみんなでカバーし合えます。そのために、従業員の配属は頻繁にシャッフルして、毎日同じ現場が続かないようにしています。
 
内山 従業員全員がオールマイティに役割を務められるところも、スピーディかつ正確な工事を行える理由かもしれませんね。しかし、配属をシャッフルするというのはおもしろいなぁ。いつも違う現場だから、成長の最大の敵である“飽き”がこないでしょうし、常にフレッシュな気持ちで現場に臨めると思いますよ。それに、いろいろな経験を積めることで、将来独り立ちするときの勉強にもなりますよね。
 
glay-s1top.jpg
泉澤 そうですね。私は「このまま腕を磨けば、自分の手で自宅を建てられるよ」と、よく従業員に話しています。
 
内山 自分の城を自分で築くとは、男冥利に尽きますね。基礎工事という仕事の魅力について、泉澤社長はどうお考えですか?
 
泉澤 人が生活するために不可欠な、住まいの根幹を担うところに魅力があると考えています。私たちが汗を流して基礎をつくった家で、実際に誰かが暮らしている様子を見て得られる喜びは何ものにも代えがたいですよ。
 
内山 人が住む家の基礎をつくる。それにはもちろん、大きな責任感も伴うでしょう。でも、だからこそ大きなやりがいを感じられるんですね。