B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

ゼロから始める資産形成 豊かな人生を送るために。
ココザス株式会社 代表取締役 安藤義人

 
プロフィール 東京都出身。通信制の高校に通いながら、10代の頃より建築業界で働く。その後、不動産業界に転職し、投資用不動産の営業を経験。また、とある社長のかばん持ちも務めるなど、さまざまな経験を積んだ。さらに事業責任者としてベンチャー企業の創業にも携わり、経営のノウハウを身に付けたのちに独立。2016年に個人向けの資産形成コンサルティングや金融商品への投資事業などを行う、ココザス(株)を設立した。【ホームページ
 
 
 
もとからある資産を運用するのではなく、貯金や資産がなくてもゼロから始められる将来のためのお金づくり。そんな“資産形成”の個人向けコンサルティングを手がけているのが、ココザス株式会社だ。代表取締役の安藤義人氏は、「世界中の人々が毎日ワクワク生きられる世界をつくる」という志から同社を起業したという。苦しかった過去の経験を糧として、「お金の不安がなくなることで人生の選択肢を増やす」ことの大切さを広めるために奮闘する安藤社長に、その思いをうかがった。
 
 
 

一人でも多くの人をお金の不安から解放する

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 内山高志(元ボクシング世界王者)
内山 個人向けの資産形成コンサルティングを手がけるココザス株式会社さんにお邪魔しています。まずは安藤社長の歩みをお聞かせください。
 
安藤 私は通信制の高校に通いながら、16歳の時から建築業界で働きました。そして、もともと独立願望を持っていた私は、そのために必要な営業や経営、ITなどのスキルを積極的に学んだんです。23歳の時に、7年続けた建築の仕事をやめて、投資用不動産の営業会社に転職しました。続いて、25歳の時に共同創業者として、はじめての起業を経験しました。無事に会社が成長したのち、自分の力でもう一度ゼロから起業したいと思い、2016年に独立してココザスをつくったんです。
 
内山 安藤社長は10代の頃から大変な努力を積み重ね、多くの経験を経て現在に至るわけですね。
 
安藤 そうですね。私はこれまでずっと「人生とは、何か大きなことを為すためにあるものだ」と考えてきました。その思いは現在もまったく変わりません。私たちの理念は「世界中の人々が毎日ワクワク生きられる世界をつくる」こと。そして、一人でも多くの人をお金の不安から解放するというビジョンを描いています。それが、世界中の人々の幸せに貢献することだと確信しているんです。今取り組んでいる事業によって、その理想に一歩ずつ近づいている実感があります。
 
内山 世界中の人々の幸せですか! とても大きな理想ですね。それをどのように実現していくのか、安藤社長の思い描くビジョンをぜひとも詳しくお聞きしたいと思います。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事