B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

人生をコントロールする 
足し算のカウンセリング

 

足し算のカウンセリングで強みを引き出す

 
glay-s1top.jpg
人が羽ばたいているようにも見えるロゴ
山本 それでは、あなた日和サポートさんの業務内容をあらためて教えていただけますか。
 
髙橋 個人のお客様向けにキャリアコンサルティング、コーチング、キャリアデザインなどのサービスをご提供しています。また、企業のお客様には人材を生かすための制度改善や環境改善、チームビルディング、理念の見直しなどを含めた総合的な人材コンサルティングをご提供しています。ちなみに、当社の理念は「一人ひとりに寄り添ったあなたのためのサポート」。名刺にも印刷しているロゴは、人による価値観の違いを認めることや、それぞれの役割や生き方を全うすることの大切さを表しているんです。
 
山本 このカラフルなロゴは、人が羽ばたいている姿にも見えますね。あなた日和サポートさんの理念にぴったりの、素晴らしいデザインだと思います! ところで、最近のキャリアコンサルティングでは、どのような悩みや相談が多いのでしょうか。
 
髙橋 昔は一つの会社に勤め続ける人がほとんどでしたよね。でも、今は自分が成長するために転職を繰り返す方が多くなりました。一方で、自分に自信が持てず自分自身を客観視できない方が増えているのが現状ですね。そのような方は「あれもできない、これもできない」と、自分のことを引き算で考えてしまうんですよ。
 
山本 そのような方の魅力を、髙橋代表はどのように引き出していくのでしょう。
 
髙橋 私は、じっくりと会話をしながらその方のキャリアの棚卸しをします。そして「あれもできる、これもできる」と、足し算のカウンセリングでご本人の強みを引き出していきます。どのような道を歩めばいいか、その答えはもともとご本人の中にあると思っています。私はあくまでも、その答えに気付くためのお手伝いをしているだけなんです。
 
glay-s1top.jpg
山本 なるほど。会話の中で、特に心がけていることはあるでしょうか。
 
髙橋 私が心がけているのは、絶対に自分の主観で相手を見ないこと。私というフィルターを通して人を見ると、その方が抱える本当の問題が見えなくなってしまうんです。私に都合がいいように相手を誘導しても、ご本人にとっても勤務先にとってもいいことはありません。自分が実現したいことを押し付けてしまうコンサルタントも、残念ながらいるんです。私は相手の気持ちになり、企業の一員になったつもりでご相談に応じています。
 
山本 とても見事なご対応だと思います! それにしても、できることがたくさんあるのにそのことに気付かない人や、気付いても自分からアピールしない人が増えていますよね。
 
髙橋 おっしゃるとおりですね。企業に雇われているという意識が強く、ご自身の実力を客観的に見ることができない方が多いのではないかと思います。ところで、山本さんは会社を経営していらっしゃいますよね。社員の悩みを聞くことはあるのでしょうか。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事