B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

ITシステムの企画から
運用までトータルに管理

 

個性を120%発揮できる環境をつくる

 
glay-s1top.jpg
山本 今後は新しい人材も登用していくと思います。人材育成に関してのお考えもぜひうかがいたいです。
 
原田 山本さんがおっしゃったとおり、「IT企業=システム開発」というイメージで入社してくる人は多いです。でも、実はプロジェクト全体から見れば、開発はごく一部なんです。企画や打ち合わせでは、運用など、さまざまな行程があります。ですから、プロジェクトの全体像を見せたうえで、本人がやりたいと思う領域に進ませてあげたいと考えています。もっとも、最初から自分の道を決めている人も大歓迎です。その人それぞれの個性を活かせる環境をつくりますよ。
 
山本 原田社長が人材育成に重きを置いていることが伝わってきます。組織のリーダーとして素晴らしい考えをお持ちですね。
 
原田 適材適所を意識しています。社員一人ひとりが120%の能力を発揮できる環境や組織をつくることが経営者の役割ですから。
 
山本 組織としては、個性を尊重する一方で、チームを一つにまとめる必要もありますよね。特に若い世代に対して、「話を聞いてくれない」と悩む経営者も多いと聞きます。原田社長はどうお考えでしょう?
 
glay-s1top.jpg
原田 彼らも話を聞いて、頭では理解していると思います。それをどう行動に移せばいいのかわからないだけなんですよ。だから、「こういうやり方もあるよ」と誘導してあげたり、失敗しても頭ごなしに叱らず、なぜ失敗したかを聞いてあげたりすることが大事だと思います。
 
山本 これもまた、相手の立場になるということですね。原田社長ご自身が苦労されてきたから、相手の気持ちを理解できるんだと思います。でも、お話を聞いていると、自分の経験を相手に押し付けるところがありませんね。
 
原田 みんながみんな、私のように負けず嫌いではないですからね。その人に応じた高さのハードルを設定して、成功体験をさせてあげることが重要です。成功体験を重ねていけば、必ず自信がついていきます。ただ一つ、トライする勇気は必要かもしれませんね。特に最近の子は、人付き合いを避ける傾向にあるように思います。人と接することを恐れないで、どんどん挑戦していってほしいですよ。
 
山本 一人ではないという意識が、また自分の力になりますからね。原田社長のような懐の深い方がそばにいれば、若い人も心強いでしょう。ぜひこれからも頑張ってください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
好奇心や探求心を持つことです。そうすると、自然と目標を持って働けますから。
(原田大介)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 株式会社ROKAI
■ 本社 〒171-0021 東京都豊島区南池袋1-16-15 ダイヤゲート池袋5F
■ 事業内容 ITコンサルティング/システム開発・運用サポート
■ 設立 令和元年5月
■ ホームページ http://www.rokai.co.jp
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事