B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

ITシステムの企画から
運用までトータルに管理

 

顧客の立場で企画から運用までマネジメント

 
glay-s1top.jpg
山本 現在はどのようなお仕事を手がけているのですか?
 
原田 法人のお客様を対象に、生産管理や在庫、原価、購買などのシステム開発・運用のサポートを行っています。ROKAIの特長は、プロジェクトマネージャーとしての能力に長けている点です。前職でも私はマネジメントを長年務めてきましたからね。エンジニアがつくり出したソリューションをうまく組み合わせて、お客様のニーズに適した形にして提供します。
 
山本 それは新鮮ですね。IT会社には、システムを開発する会社という印象がありました。
 
原田 確かに業界の主流は開発です。だからこそあえて、開発をマネジメントする立場で発展していきたいと考えていまして。マネジメントの対象は、組織運用や予算管理などさまざまです。お客様の一部となってマネジメントするように意識していますね。
 
山本 なるほど。マネジメントとなると、要望をエンジニアにただ伝えるだけではないんですよね?
 
原田 おっしゃるとおりです。お客様の要望をそっくりそのままつくろうとしたら、確実に予算オーバーですから(笑)。お客様が普段どのように業務をしているのかをはじめ、相手の立場になって考え「ここのご要望は、この機能で代用できますね」などと提案を行い、予算内でベストのシステムを構築していきます。
 
glay-s1top.jpg
山本 そういった提案のアイデアは、やはりご自身の経験から生まれるのでしょうか?
 
原田 厳密に言えば、私自身というよりも、これまで関わってきたたくさんのお客様の経験でしょうか。IT業界での仕事はさまざまな業種、業態の方と関わります。その中で、業界の枠を越えて活用できる仕組みもあるんです。
 
山本 17年間のキャリアを通じて、自分の中に多くの引き出しをつくってきたわけですね。お客さんの立場になって考えるというスタンスがあるから、そのように引き出しを増やせたのだと感じます。ほかに仕事で大事にしている考えはありますか?
 
原田 「相手があっての自分」と常に考えていますね。どんなに画期的なシステムも、ニーズを満たさなければ、お客様に満足してもらえません。
 
山本 そうか、原田社長がお客さんの立場になって考えるのも、そのニーズを掴むためなのか。仕事に対する理念と行動に、太い軸ができているのだとわかりました!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事