B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

女性店主の個人テーラー
上質の注文スーツを提供

 

サイズの合ったスーツを着れば自信が持てる

 
glay-s1top.jpg
内山 僕がオーダースーツを着るようになったのは、もともと身長に対して腕がかなり長いのと、ボクシングで肩まわりに筋肉がついて、既製服だと腕回りが自由に動かせないからでした。一度オーダーを経験しちゃうともう戻れなくて、今では道行く人のスーツ姿が妙に気になってしまいます。
 
樋渡 体に合わないスーツを無理に着ていると、着心地が悪くて疲れるうえに、どうしてもカッコ良く決まりません。特に、個人でお仕事をされている方や企業の代表の方って、言ってみれば事業の“顔”ですから、たかが見た目と、おろそかにしないほうがいいと思うんです。
 
内山 自分に合ったスーツをピシッと着ていると、自信にもなりますしね。人前に出ても気後れせずに、得意なパンチをガンガン繰り出せるような(笑)。
 
glay-s1top.jpg
樋渡 本当に、そうですね(笑)。以前に比べると、内山さんのようにきちんとこだわってスーツを着たいという方が、少しずつ増えてきたような気がします。だからでしょうか、今、スーツ自体の需要は減っているのに、オーダーは逆に伸びているんですよ。女性の起業家さんが増えてきたことも影響しているでしょうね。
 
内山 わざわざオーダーしてスーツをつくろうと思う人は、きっと、自分の仕事に対して強い意志を持っている方だと思うんですよ。だからこそ、実際に頑張って結果を残せる。
 
樋渡 すごく腑に落ちるお話です。確かに、成功している人ほど、オーダーなさっていますね。
 
内山 今後については、どのような展望をお持ちですか?
 
樋渡 まずは一着ずつ、一人ひとりのお客様を大切にしながら、ENSUITSのことをいろんな方に知っていただきたいですね。そして将来的には、法人化できたらいいなという夢もあります。
 
内山 女性が経営するテーラーという珍しさで注目を集めるだけでなく、女性目線でスーツ選びのアドバイスをしてほしい男性はたくさんいると思いますよ。もっと多くの人が気軽にスーツをかっこよく着こなせるように、オーダーメードの素晴らしさを広めていってください。スーツ好きとして、応援しています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
ENSUITSを着てくださった方々が、自信をもって活躍なさっている姿を見ることが、一番の幸せです。
(樋渡枝理子 )
 
 :: 事業所概要 :: 
  ■ 事業者名 ENSUITS
■ 所在地 〒166-0013 東京都杉並区
■ 事業内容 オーダーメードスーツの製作・販売
■ 設立 平成30年2月
■ ホームページ https://en-suits.com
■ フェイスブック https://www.facebook.com/ehiwatashi
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事