B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

女性店主の個人テーラー
上質の注文スーツを提供

 

余った服の大量廃棄に疑問を覚えテーラーに

 
glay-s1top.jpg
内山 手首に巻いたクッションにいっぱいピンを刺して、メジャーを首から下げたテーラーのご主人って、確かに男性のイメージが強いですよね。
 
樋渡 そうした先輩方は接客と採寸が専門のフィッターであり、同時に、自分で一着一着裁断して仕上げる職人さんでもあったんです。でも、今はオーダーメードでも機械化の進んだ工場で縫製ができるようになったので、昔よりずっとお求めやすい価格で提供できるようになりました。また、フィッターと縫製の分業が進んだことで就業の幅が広がり、テーラーで活躍する女性の姿も少しずつ目立ってきたんだと思います。
 
内山 なるほど。樋渡代表が男物だけでなく、女性のためのオーダースーツをつくっているのも、今の時代にぴったりですよね。お話を聞いていると、樋渡代表が独立されるまでの歩みに興味がふくらんできました。最初から服に関わるお仕事を?
 
樋渡 はい、ずっと服飾の世界に身を置いてきました。大手アパレル企業のパタンナーを振り出しに、デザイナーに転向後は繊維商社に移って、最後は外資系の通販会社に16年ほど勤め、マーチャンダイザーまで経験しました。カタログの企画やページづくり、Web販売まで全部経験しましたね。
 
内山 さながら、服をつくるところから販売まで、業界の中をくまなく歩いてきた感じでしょうか。そんな樋渡代表が個人でテーラーを始めようと決心したきっかけは何だったのでしょう。
 
glay-s1top.jpg
樋渡 企業に所属していた頃は、それこそ万単位の大量生産でお洋服をつくっていました。そんな中、競合が増えるにつれて、余って廃棄処分になる服も膨大な数になっていったんです。せっかくつくった服が、一度も着られることなく処分されてしまう。そんな現実にだんだんストレスが積み重なってきて、自分で何かできないかなと将来を模索していたところ、思いついたのがオーダーメードで服をつくることでした。お客様が納得したものだけを一着ずつご提供できるから、きっと長く大切に着てもらえるんじゃないかと思ったんです。
 
内山 わかります。生地やデザインをじっくり選ぶだけでなく、自分のために採寸までした服なら、愛着が全然違いますよね。オーダースーツが一着何十万円もした時代と違い、今は既製服とそれほど差がない値段でもつくれるようになったのだから、オーダーを試してみない手はないと思いますよ!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事