B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

新鮮食材を気軽に楽しむ イタリアンレストラン
桜台24 ヴェンティクワットロ 代表 秋山和宏

 
プロフィール 東京都出身。中学時代からバスケットボールに打ち込む。高校、大学を経て企業で働く傍ら社会人バスケットボール部の選手、コーチを経験する。管理職となった頃に、以前より考えていた独立・起業の思いが強くなり退職。夜間の調理師学校へ通いながら有名レストランで経験を積んだのち、2015年49歳の時にイタリアンレストラン桜台24 ヴェンティクワットロをオープンした。【ホームページ
 
 
 
東京都練馬区桜台の住宅街に佇むイタリアンレストラン、桜台24 ヴェンティクワットロ。店主の秋山和宏代表は、バスケットボール選手として30歳まで現役を続け、引退後はコーチも経験。その後、一念発起してレストランを立ち上げた。「東京野菜」をはじめとする新鮮な食材を使った料理と明るい雰囲気が評判の同店だが、そこに至るまでにはさまざまな葛藤があったという。そんな秋山代表が抱く料理への思いを聞いた。
 
 
 

新鮮野菜を味わえるイタリアンレストラン

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 杉田かおる(女優)
杉田 東京都練馬区、西武池袋線桜台駅近くのイタリアンレストラン、桜台24 ヴェンティクワットロさん。天井も高くとても明るい雰囲気で落ち着きますね。淡い紫色のショップカードもとても上品な雰囲気で素敵ですね。リラックスして思う存分食事やお酒を楽しめそうです。
 
秋山 ありがとうございます。この色は、開店当時まだ小学3年生だった娘の提案で決めたんですよ(笑)。
 
杉田 娘さんの意見を取り入れるとは、まさに家族全員でお店を運営していらっしゃるようですね。メニューを拝見すると、野菜を使ったお料理がたくさん載っていて驚きます!
 
秋山 やはり、料理はできるだけ体に良いものをご提供したいですからね。練馬区と言えば、練馬大根が有名ですよね。さらに最近は「練馬野菜」というブランドもアピールしているんですよ。開店当初は野菜のメニューはあまりなかったんです。しかし、途中から野菜の魅力と地産地消の考えに共感し、できることを模索していたところ、出会った農家さんや業者さんのご協力で練馬野菜を含む「東京野菜」を使えるようになりました。おかげさまでお客様からはご好評をいただいているんですよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事