B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

ホスピタリティ溢れる
地域密着の保険薬局

 

頼ってもらえる薬局でありたい

 
glay-s1top.jpg
タージン 松永代表の考える、出口薬局さんの目標みたいなものはありますか。
 
松永 薬剤師のことをもっと知ってもらって、皆さんに親しみを持ってほしいですね。薬剤師という名前は浸透していても、何をやってるのかはあまり知られていないんじゃないでしょうか。だからこそ、出口薬局ではこれからもお薬のことはもちろん、お薬以外のことも気軽に聞いてもらえる雰囲気づくりを心がけたいと思っています。皆さんが持っている薬剤師のお堅いイメージを崩してもらって、頼りになると思ってもらえたらいいなと考えているんです。薬剤師の仕事は、頼ってくれる人が多ければ多いほどやりがいを感じられるので、ドクターに聞きそびれたことなどは、遠慮せずに薬剤師に聞いてもらいたいですね。
 
タージン そう言ってもらえると皆さんも相談しやすいと思います。お医者さんよりも薬剤師の方と会うケースのほうが身近にありますしね。
 
松永 そうですよね。あと、私は今の出口薬局と同じような運営ができる薬局をもっと増やしていきたいと考えているんです。
 
タージン それはいいですね! とは言っても、実際に増やすとなるとそこで働く人材が必要ですよね。松永代表はどういう人材を求めているんですか。
 
glay-s1top.jpg
松永 在宅医療を経験したいとか、薬剤師としてスキルを高めたいなど、やる気があって、いろいろと挑戦できる方に来てほしいです。ここで2、3年働いたら一人前の薬剤師になれる薬局にするのが私の目指している理想の薬局像です。
 
タージン 私の薬局や薬剤師さんに対するこれまでのイメージは、病院の帰りにお薬を処方してくれる所というものでした。でも、こちらに来た子どもたちは、お薬ができあがってからもおもちゃで遊んでいて、すぐに帰ろうとはしていません。これは松永代表をはじめスタッフの方々が工夫して、地域の方がやって来やすい空間をつくっているからだろうと思いました。これからも地域に密着した薬局であってほしいです。応援しています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
薬剤師に親しみを感じ、頼りにしてもらうにはどうすべきかを考えて仕事をしています。アイデアを駆使していろいろなことにチャレンジし、患者様や医療関係者から親しみを持って接してもらえていると感じられたときが、仕事の楽しみですし、やりがいですね。「頼られてなんぼでしょ」が私の理念です!
(松永光樹)
 
 :: 店舗概要 :: 
  ■ 店舗名 出口薬局
■ 所在地 〒573-0065 大阪府枚方市出口4-52-1
■ 事業内容 調剤薬局運営
■ 設立 平成17年11月
■ ホームページ http://www.deguchi-pharm.com
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事