B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

ホスピタリティ溢れる 地域密着の保険薬局
出口薬局 代表 松永光樹

 
プロフィール 大阪府出身。高校時代に医療業界で働くことを志し、大学は薬学部に進学する。大学卒業後は大手ドラッグストアに就職。2年ほど勤務した後に故郷の枚方市へ戻り、同級生の父が営む出口薬局の運営に携わる。現在は出口薬局の代表として、地域医療に貢献するために幅広い活動を展開している。【ホームページ
 
 
 
「薬剤師の仕事は、お薬を調剤するだけではないんですよ」。出口薬局の松永光樹代表は優しい笑顔でそう語る。出口薬局は枚方市に密着した調剤薬局として外来業務や在宅業務に対応。それに加え、薬や薬剤師について知ってもらうための「こども薬剤師体験」や、在宅医療のためのクリーンベンチを導入するなど、地域医療に貢献するさまざまな取り組みをしている。未来も見据えた事業展開をする松永代表に、お話をうかがった。
 
 
 

医療で世の中に役立つために薬剤師を志す

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 大阪府枚方市の出口薬局さんにお邪魔しています。まずは松永代表がどうして薬剤師を目指すことになったのかを聞かせてください。
 
松永 医療に貢献できる仕事をしたいと思ったのがきっかけですね。というのも、高校1年のときに兄が就職活動を頑張っている姿を間近で見ていたからなんですよ。自分がどんな仕事に就くかを考えてみたときに、人に頼られる医療の仕事をするのはかっこいいなって思ったんです。当時、ちょっとした薬剤師ブームだったこともあって、人の役に立てる薬剤師になることを決めました。
 
タージン 医療の世界に貢献できるお仕事の中から薬剤師を選ばれたんですね。
 
松永 はい。大学を卒業してからはドラッグストアで2年ほど働きました。そのあと枚方市に戻って来て、同級生の父親が営むこの出口薬局で働くことになったんです。
 
タージン それにしても、出口薬局さんはカフェのようにおしゃれな外観ですよね。
 
松永 ええ。といっても、これはおしゃれな感じにしたいという同級生の希望で、私のセンスではないんですけどね(笑)。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事