B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

不動産のお悩みを解決 顧客を支えるアメフト魂
LINES不動産販売 代表 寺前和希

 
プロフィール 大阪府出身。近畿大学附属高等学校に入学後、兄の影響で憧れだったアメリカンフットボールを始める。新卒で大手不動産会社で勤めるが、アメフトを続けるため大手保険会社に転職し、Xリーグに所属する社会人クラブチームCLUB Hawkeyeでプレイする。アメフトを続けながら父の不動産会社に転職。その後、LINES不動産販売を設立した。アメフトで培った「縁の下の力持ち」の精神と多様な専門家とも連携する密なネットワークを活かして日々奮闘している。【ホームページ
 
 
 
アメリカンフットボールにおける重要なポジションであるオフェンスライン、通称OL。まさにチームの要であり、チーム全体を支える縁の下の力持ちである。LINES(ラインズ)不動産販売の寺前和希代表は、公私共にその魂を貫いている。それぞれの専門家がチームを組み、みんなで高みを目指して、力を合わせる連携プレーが大きな強みだ。顧客第一主義を掲げる寺前代表に仕事にかける熱い思いをうかがった。
 
 
 

仲間を信じてみんなで儲けようをモットーに

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 大阪府門真市にあるLINES不動産販売さん。寺前代表は社会人アメリカンフットボールリーグXリーグ所属チームであるCLUB Hawkeye(クラブホークアイ)の現役選手というだけあって、がっしりとたくましいですね! さっそく、寺前代表とアメフトとの出合いをお聞きしましょう。
 
寺前 もともと少年時代にテレビで放送されていたアメフトの試合を観て、かっこいいなと思っていました。中学3年生のとき、実際にアメフトをしている兄の試合を観戦して「やっぱりかっこいい! 自分もやりたい!」と思ったんです。実際に始めたのは、近畿大学附属高等学校入学後でした。
 
タージン 少年時代に憧れだったアメフトデビューを果たしたわけですね。プレイした感想はいかがでしたか?
 
寺前 ヘルメットがとても痛くて、最初の頃はとにかく早く脱ぎたいという気持ちでいっぱいでした(笑)。でも、続けるうちに、だんだんと楽しさがわかってきたんです。こんなに頭を使うスポーツはなかなかないですからね。それに、共に戦う仲間を信じて大切にすることを学びました。それは現在の仕事にも活きていて、「みんなで儲けよう」というのが私のモットーです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事