B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

ワンストップで対応
自社施工の外構工事業者

 

自社施工にこだわる外構専門店

 
glay-s1top.jpg
水野 なるほど、身近に同じ業界の方がいらっしゃることで独立を決断できたんですね。とは言え、現在は大工としてのお仕事を兼任することなく、エクステリア・外構の専門店として事業を展開されていますよね。
 
片桐 ありがたいことに、独立したときから8割くらいが外構の仕事だったんですよ。本当に周りの方に支えられ、助けられて、ここまで来られたと思っています。最初は協力会社とともに仕事を行うこともあったものの、社員により仕事を楽しんでほしいと思い、今は自社施工にこだわっています。
 
水野 そこは片桐社長が事業を展開するうえで、信念を持っておられるところなんですね。
 
片桐 そうですね、打ち合わせからアフターフォローまでワンストップで対応しています。自社施工ということで外注も使わずに、私も現場第一線で仕事をしていますよ。
 
水野 自社施工を貫ける、御社ならではの強みは何だとお考えですか?
 
片桐 建売住宅の施工を手がけていないことが大きいでしょうね。すべての案件において、お客様からのご依頼が入ってから、打ち合わせをしたうえで現場を手がける仕組みができています。施工をして終わりではなく、その後も長くお付き合いができる関係性を心がけているんです。
 
水野 エンドユーザーの顔が直接見られるというのは、大きなやりがいにもなりますね。施工するにあたってお客さんとの密なコミュニケーションは欠かせないでしょう。やりとりされるうえで心がけていることはありますか?
 
glay-s1top.jpg
片桐 実はあまり意識したことがなくて・・・(笑)。施主様には気軽にご指示をいただきたいので、変にかしこまった関係性にはしたくないと思っていますね。どうしても職人というと「怖い」「話しかけにくい」というイメージがあると思うんです。そういったイメージを払拭し、思ったことをダイレクトに言ってもらえるような関係性がつくれたらいいなと考えています。
 
水野 自然体でお仕事に取り組まれているのですね。片桐社長自身もまだお若いですから、同世代の施主さんは特に、気軽に相談できそうです。言いたいことがあるのに言えないという環境では、お互いにストレスになってしまいそうですし、良いものもできないですよね。
 
片桐 そうですね。打ち合わせの中でお客様のご要望が変わることもありますので、こちらからも新しいエクステリアの提案をするなど、柔軟に対応しています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事