B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

家族の絆と感謝の心で 金属部品の加工に挑む
有限会社三田製作所 代表取締役 三田真紀夫

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 杉田かおる(女優)
杉田 群馬県高崎市で金属切削加工業を営む三田製作所さん。三田真紀夫社長にお話をうかがいます。さっそく、会社の歩みを教えてください。
 
三田 弊社は1946年に創業しました。もともと高崎には軍需工場が多く、終戦後、そのままこの地で起業した職人がたくさんいたんです。私の伯父も工場の班長を務めていて、身に付けた金属加工技術を活かすため、個人事業主として起業しました。そして父も伯父の仕事を手伝うようになったんです。
 
杉田 三田社長の伯父様が最初に事業を始めたんですね。その後、どのようにして現在に至るのでしょうか。
 
三田 実は残念ながら、事業を立ち上げてすぐに伯父が病気で亡くなってしまったんですよ。そこで父が後を継ぎ、1961年に法人化して現在の体制になりました。私は大学在学中の1977年から家業を手伝うようになり、卒業後に正式に入社したんです。
 
杉田 なるほど。それだけ長い歴史をご家族で紡いでこられたのは素晴らしいですね。現在、三田製作所さんが加工している製品も、ぜひ教えてください。
 
glay-s1top.jpg
三田 弊社は削岩機やコンクリートドリル、高所作業車など建設機械の部品や、介護用品や医療機器などの部品を加工・製造することが多いですね。加工材質もアルミ、チタン、ステンレス、樹脂など、さまざまな材質に対応できます。創業から70年以上ともなると長い付き合いのお客様が多いので、「弊社の部品が社会のインフラを支えている」という自負を持って事業に取り組んでいるんですよ。
 
杉田 さまざまな用途の部品を取り扱っているんですね。それは創業当時からなのでしょうか?
 
三田 もともとは自動車部品の製造を行っていました。自動車の部品は同じ作業を繰り返し、月に何万個、何十万個と量産することが求められます。同業他社もそのような部品の量産体制を整えている企業が多いんです。しかし、私の父は「それではおもしろくない。もっと試行錯誤したい」と意欲を燃やし、自動車部品製造から撤退してしまいました。そして、多様な工業部品の加工を始めたんです。量産ではなく、一つひとつの部品に魂を込める職人だった父がいたからこそ、弊社は多彩なものづくりに柔軟に対応できる企業に成長できたのだと思います。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事