B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

ITで企業をサポートし 国際規格の取得も支援
合同会社エクサコンサルティング 代表社員 曲山賢一

 
プロフィール (きょくやま けんいち)東京都出身。大学卒業後、ソフトウェア開発会社に就職し、システム設計やコーディングを担当する。その後、当時の上司と共に独立し起業。金融系システムの開発などを行った。さらに、別のIT系企業に転職し、品質マネジメントシステムなどの国際規格の認証取得業務を担当。取締役も務めたのち、ITや国際規格取得の経験を活かし、2017年に(同)エクサコンサルティングを設立した。【ホームページ
 
 
 
現代の大多数の企業の業務に不可欠なITと、商品・サービスの品質や環境対策などを保証する国際規格。この2つに精通し、ソフトウェア開発と認証取得コンサルティングを手がけるのが合同会社エクサコンサルティングだ。代表社員の曲山賢一氏は長くITエンジニアとして活躍し、取締役を務めた会社では独力でISO国際規格を取得。そのノウハウを社会に還元するために事業を行っている。そんな曲山代表に仕事への熱い思いをうかがった。
 
 
 

国際規格の認証取得業務を独力で担当

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 山本隆弘(元バレーボール選手)
山本 千葉県柏市を拠点にソフトウェア開発や国際規格などの認証取得コンサルティングを手がける、エクサコンサルティングさん。曲山代表はもともとITに関わるお仕事を目指していらっしゃったんですか?
 
曲山 実は、もともとITに興味を持っていたわけではなかったんですよ。大学時代にたまたま事務のアルバイトをしたのが、プログラミングを主業務としている会社でした。そのときの上司に「これからはコンピューターの時代だ!」と言われ、当時の8ビットのパソコンを触ってみたところおもしろくて、すぐにのめり込んだんです。それから、大学卒業後にソフトウェア開発会社に就職し、システム設計やコーディングなどを担当しました。やがて、当時の上司と共に新しい会社を立ち上げ、金融系システムの開発などさまざまな事業を展開したんです。
 
山本 最初は興味を持っていなかったとは言え、まだITが世の中に浸透する前から、長きにわたってこの業界に携わってこられたんですね。ぜひ、その後の歩みも教えてください。
 
曲山 上司と共に立ち上げた会社で10年ほど経験を積んだのち、また別のIT企業に転職したんです。そこには15年ほど在籍し、取締役も務めました。その中で、さまざまな国際規格の認証取得業務を独力で行いました。そのノウハウを社会に還元したいと考え、2017年10月に弊社を設立したんです。ちなみに社名の「エクサ」とは“1の100京倍”を表す国際単位系の接頭辞で、「さまざまな業務に対応できる会社になろう!」という気持ちを表しているんですよ。