B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

強い信頼関係を活かし
適切な賃貸物件を提案

 

三方良しで、“必要とされる企業”に

 
glay-s1top.jpg
エムズホームのロゴ。会社の思いが込められているという
水野 最近はコミュニケーションにメールやSNSを使う人も少なくありません。そんな中、飯塚社長は電話を多用なさっているんですね。
 
飯塚 もちろんメールなども使います。ただ、大家さんとは電話でお話しをするほうが多いですね。大家さんはご年配の方が多いので、メールやSNSをお使いにならない方もいらっしゃいます。それに、直接お話しすることで相手の反応がうかがえる電話のほうが、コミュニケーションを図りやすいんですよ。不動産業は言わば“人と人”をつなぐ仕事ですから、デジタル一辺倒ではなく、アナログの部分も大事にするようにしています。この先、ITがどれだけ進化しても、その部分は変わらないでしょうね。
 
相馬 そうした相手に合わせた気遣いのできる飯塚社長だからこそ、大家さんたちから頼ってもらえるんだと思います。「飯塚さんでないとだめだ」とか「飯塚さんにすべて任せる」といったお言葉をいただくことも多いんですよ。
 
水野 まさに強い絆があればこその言葉ですね! そんな飯塚社長が、お仕事のうえで心がけていることは何でしょう。
 
飯塚 同業他社よりもいち早く契約を決めることですね。そのために、お部屋を探していらっしゃるお客様に対しては、明るく元気に接し、できる限り他社よりも多くの有益な情報を提供できるようにしています。
 
水野 なるほど。そのためには、常日頃から情報収集をしておく必要がありますね。
 
glay-s1top.jpg
宅地建物取引士の相馬珠子氏(写真右)
飯塚 ええ。そこで大家さんとの信頼関係が活きてくるんです。お部屋探しに来られたお客様の希望にできるだけ添い、時には大家さんとも交渉して、お互いにとって最良の結果が得られるよう努めています。そうして、入居者さんや大家さんから感謝の言葉をいただいた時は本当に嬉しいですし、やりがいになりますね。
 
水野 信頼関係を大事になさるその姿勢は、本当に素晴らしいと思います。飯塚社長は、これから会社をどのように育てていこうとお考えでしょうか。ぜひとも抱負をお聞かせください!
 
飯塚 入居者さんからも大家さんからも、“必要とされる企業”でありたいですね。そして弊社も含め、三方良しの結果が生まれるよう、これからも努力していきたいと思います。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
とにかく、その仕事についてよく知ることだと思います。業務内容はもちろん、どうすればお客様や取引先の方に喜んでもらえるかなど。それらを熟知したうえで取り組めば、自然と多くの情報を提供できるようになり、お客様とのお話も弾みます。
(飯塚正幸)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 株式会社エムズホーム
■ 本社 〒120-0005 東京都足立区綾瀬2-18-6
■ 事業内容 不動産業
■ 設立 平成31年3月
■ 従業員数 4名
■ ホームページ https://www.m-homeayase.co.jp
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事