B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

起業・副業支援を通じて
雇われない生き方を提案

 

お金と時間の自由を、周囲にも提供したい

 
glay-s1top.jpg
杉田 雇われない働き方の良いところはどこでしょうか?
 
大越 何事も自分で判断できるところですね。仕事に集中したいとき、気持ちをオフにしたいとき、そのメリハリを自分でつけられます。
 
杉田 自分のペースでワークライフバランスをとれるのはいいですね。先ほど「自分に関わる人たちにもお金と時間の自由を」とおっしゃっていましたね。これにはどんな思いがあるのでしょう。
 
大越 私が追求しているのは、「お金と時間の自由」です。ただ、1人で暮らす分には、実はそれほどお金は必要じゃないんですよね。だから、私に関わっている人たちにも、お金と時間に困らないようなライフスタイルのアドバイスができればと思うんです。
 
杉田 それがスクール事業の根底にある理念なんですね。自分がやりたいことをして、その結果、人から感謝されるなんて、やりがいのある仕事だなぁ。
 
大越 スクール生の方から「成果が出ましたよ!」という報告をいただくと、とても励みになりますね。
 
杉田 大越社長とスクール生の方々の間で、信頼関係もしっかりと構築されているんですね。そういった関係づくりはビジネス系のスクールでとても重要だと思います。大越社長が信頼関係を築けた要因は何でしょうか?
 
glay-s1top.jpg
大越 「雇われない生き方をしたい」というスクール生の気持ちを私も共有しているからでしょう。同じ思いの人たちの目線に立って、生徒の方が本当に求めているプログラムやシステムを提供できるから、信頼を寄せていただけるのだと思います。
 
杉田 それはすごい強みですね。自分だけがおいしい思いをしようとするのではなく、周囲に気を配る広い心を持てるのは、リーダーに必要な素養でしょう。私自身も、自分だけが楽をしたり、自分だけが頑張ろうと思ったりしないようにすることで自然と周りも潤い、状況が好転した経験があるのでよく理解できます。でも、お話を聞くと大越社長は24時間頑張っていそうですね(笑)。
 
大越 私が立ち止まると次の人が育たないという責任感がありますからね。時代のニーズに合わせながら、常に自己成長するように心がけています。
 
杉田 それは自由だからこその責任ですね。誰のせいにもできないのは大変だけど、その分やりがいも大きい。だから、仕事にも精力的に頑張れるのでしょう。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事