B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

愛情を込めた鈑金加工で
国内製造業の礎を支える

 

日本の産業を下支えする誇りを胸に

 
glay-s1top.jpg
畑山 先代から継承されてきたものとは別に、平田社長の代になって変えてきた部分はありますか?
 
平田 “情報発信”を意識するようになりました。レーザー加工機の導入時に、せっかく高性能でも、機械を最大限に活用できなければ意味がないと感じ、コンサルタントの方など、多方面の人へ相談しました。そしてレーザー加工機はもちろん、会社が持つ価値そのものも宝の持ち腐れにしてはいけないと考えを深めました。
 
畑山 高い技術を有する共栄鈑金工業の価値を、まずは知ってもらうことが大事なんだと考えたわけだ。僕も大いに賛成ですね。手段としては、やはりインターネットですか?
 
平田 ええ。ホームページにSNSですね。今はみんながスマートフォンを持っている時代ですから、SNSというツールを活用しない手はありません。もっとも、弊社には生粋の職人ぞろいでデジタルに詳しいのは私だけでして(笑)。だから今後は私が表に立って、いろいろと情報発信していきますよ! ここにこんな鈑金屋があると知ってほしいですしね。
 
畑山 レーザー加工を始めたときのように、また新たな挑戦の幕開けですね。今後について、ほかに会社の展望やビジョンはあれば、ぜひ教えてください。
 
glay-s1top.jpg
平田 経営者として会社の発展は常に念頭にあります。ただ、少数精鋭という軸は今のまま守っていきたいです。会社規模が膨らむと、従業員の生活を守るために量産に携わらなくてはいけませんからね。私は量産よりも、共栄鈑金工業が得意とする分野を大切にしたいんです。
 
畑山 替えのきかない存在になれば企業の価値も高まりますし、関連会社からの信頼も深まると思います。ちなみに、共栄鈑金工業さんの最大の強みとはなんでしょうか?
 
平田 やはり精度ですね。図面のものを図面どおりに加工するのは簡単なことに思えて、実は目視ではわかりにくいレベルのズレが生じることもあるんです。二次元のものをいかに極限まで三次元で再現できるか。そこに私たちは日々心血を注いでいます。
 
畑山 その努力のおかげで自動車の製造ラインが正常に稼働し、僕たちは安全性の高い車に乗れるのですね。共栄鈑金工業さんのお仕事は、国内の製造業や産業の根底になっているんだと思います。今後もぜひ、熱い職人魂で日本のものづくりを支えてください。応援しています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
完成品を見ることですね。難しい仕事であればあるほど、強い達成感を得られますよ。
(平田悌弘)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 株式会社共栄鈑金工業
■ 本社 〒572-0050 大阪府寝屋川市黒原城内町15-17
■ 事業内容 試作精密鈑金加工・レーザー加工
■ 創業 昭和56年7月
■ ホームページ http://1st.geocities.jp/kanao_laser
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事