B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

愛情を込めた鈑金加工で
国内製造業の礎を支える

 

使い捨ての製品にも愛情を込めて

 
glay-s1top.jpg
畑山 これほど職人気質に溢れた平田社長ですからね。品質へのこだわりもさぞ強いんだろうな!
 
平田 どんなものでも丁寧に仕上げて納品することが弊社のコンセプトです。目に見える部分はもちろん、人目に触れない部分まできれいに仕上げるようにしています。
 
畑山 誰に見られても恥ずかしくない出来栄えにして送り出すってことですね。
 
平田 おっしゃるとおりです。あとは、次の工程に関わる職人さんのことも意識して加工していますね。例えば、板を折り曲げる加工のとき、「図面どおりの寸法だと精度が出ないので、次の加工のときに寸法が狂ってしまうだろうな」と感じることがあります。その場合は、コンマ数ミリまで調整をして加工するケースもあるんですよ。
 
畑山 後加工の職人さんのことまで考えるとは、思いやりを感じます! ものづくりには、そういう配慮も必要なんだなぁ。
 
平田 関わる人みんなが気持ちよく仕事ができれば最高じゃないですか。だから、できる限りの配慮はしたいですね。寸法狂いのミスも減りますし、修正する手間が省ければ全体の作業工程も短縮できます。
 
畑山 そこまで調和を図ってくれるのは、きっと元請けの企業にとってもありがたいですよ。ただ、近年は元請け企業も海外に製造を委託するケースが増えていると聞きます。
 
glay-s1top.jpg
平田 量産という面では、やはり海外が強いですからね。でも、海外製と日本製では品質に如実な差があると思っています。弊社でもまれに、海外製の部品を手直しすることがあり、使用している素材から溶接の仕方まで、驚くことがあります。残念なことに、「形になっていればいい」という考えの業者もいるようですね。
 
畑山 ものづくりに対するそもそもの考え方が、異なるのかもしれませんね。
 
平田 ええ。私たちは“使い捨て”の部品でも、一日でも長く使ってもらいたいと考えてつくりますから。
 
畑山 つくった製品に「人柄が出る」と言うのも、そういうことなんでしょうね。特に共栄鈑金工業さんは、お父様の代から企業としての信頼できる人柄を築いてこられています。
 
平田 ターレットパンチプレスを使ったパンチ加工など、昔からある技術は特に人柄が出やすいと思います。そして、その時代から築いてきた加工技術と職人の心は、今の私たちの大きな武器だと感じています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事