B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

日本全国どこへでも
高度な研磨技術を届ける

 
 
glay-s1top.jpg
綾部 どんな仕上がりを求めておられるかもお客様によって異なりますし、「ここまで磨けば100%だ」という答えがないんです。それだけに、納品時にお客様の笑顔を目にすると、こちらも大きな満足感を得られます。
 
比企 最近は、こうした職人の仕事を志望する若者が減っていると聞きます。研磨業界ではいかがですか。
 
綾部 ご多分に漏れず人材が不足している状況で、年長の職人が次々と現役を引退していくため、研磨業者の数も減っています。弊社では、職人を志望する人を過去に雇ったことがあるのですが、残念なことに長続きしませんでした。
 
比企 先ほどおっしゃった“大きな満足感”を得られるようになる前に、諦めてしまうわけですね。
 
綾部 はい。ただ、指導するにあたっては、自分と同じ物差しで測らないように心がけています。私が若い頃は、親方に「なんでできないんだ!」と怒鳴られたものです。しかし、人によって得手不得手はあります。できない理由を考え、できるようにフォローしてあげることが人材育成のうえで必要だと思っています。
 
比企 素晴らしいお考えですね。そんな綾部社長のもとで働く従業員の方々は、幸せだと思いますよ。
 
glay-s1top.jpg
綾部 私はこの事業を父親から引き継ぎまして。これまでには正直、大変な出来事も苦労もありました。でも、苦しいときには、従業員が助けてくれたんです。今の私、そしてこの会社があるのは、従業員のおかげだと迷わず言えます。また、お客様も素晴らしい方ばかりで・・・。感謝してもしきれないです。
 
比企 お客さんや従業員のみなさんと良い関係を築かれているのですね。最後に、今後の抱負をお聞かせください。
 
綾部 この先も立ち止まることなく、突き進みたいと考えています。たとえ失敗をしたとしても、立ち止まって後ろを振り返るようなことはしたくありません。後悔している暇があるなら、どうやって乗り越えるかを考え、行動に移したいですね。そして職人にゴールはありませんから、常に勉強して技術を磨くとともに、自分自身の心も磨き続けていきたいと思います。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
正解がない=没頭することですかね。また、いろんな方々と知り合えることも魅力の一つです。
(綾部匡洋)
 

:: 企業情報 ::

株式会社研照ステンレス

本店
〒331-0821 埼玉県さいたま市北区別所町1000-164

本社営業所
〒363-0001 埼玉県桶川市加納1614

ホームページ
http://www.kenshou-st.com

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事